新卒3ヶ月で会社を辞めたけど、後悔するどころか今の生活がすごく楽しい件について

スポンサーリンク

f:id:hinata0918:20180909221940j:image

 

こんにちは!ダテカイです!

 

僕は、今年の4月にIT機器を扱っている商社に新卒で入社しました。

しかし、ある先輩社員の方に

「今、人生楽しい?」と言われて、

『全然楽しくない!!!』

と思い、会社を3ヶ月で辞めることになりました。

 

そっから、1ヶ月間全く働かずにフラフラしていたら、HIUで知り合った1個上の先輩に引っこ抜かれ、今はフードロス削減を目指しているTABETEに入社しました。

 

「会社を辞めて後悔してないの?」

と言われますが、

全く後悔してません!!心の底から言えます!

 

今回は、会社を辞めてからTABETEに入ってからの記事を書いていきます!

 

 

つまらなかったので新卒3ヶ月で大企業を辞めた

 

冒頭でも書きましたが、僕は新卒で入った会社を3ヶ月でやめました。

辞めた理由を一言で言うと「つまらなかった」からです。

 

この理由を言うと、大半の人は

「はっ!?」

とか

「とりあえず3年働かないと落ち着けないよ」

とか

「その環境で楽しむ努力をしなかったの?」

と、想像通りの言葉をよく言われます。

 

これらの言葉を全て、右から左へ話を受け流し続けました。

(もちろん、いいアドバイスをしてくれる人は真剣に話を聞いてました。)

 

僕が会社を辞めようと思ったきっかけは、ある先輩社員の方に

「今、人生楽しい?」と言われて、

『全然楽しくない!!!』

と思ったことでした。

 

もちろん、辞めないための努力はしました。

「この仕事が好きだ好きだ!」と心の中で唱えたり、

めんどくさかったけど、自分から仕事をもらいにいったりしました。

 

だけど、やっぱり楽しくない!

てか、『会社の働く環境自体がなんか無理!』と思いました。

・社内でのスーツの着用

・朝、勤務時間じゃないのにオフィスで携帯をいじると怒られる

・昼休みなのに大半の人が仕事している

・節電として昼休みに電気が消えて、暗い中ご飯を食べなきゃいけなくなる

・仕事終わってすぐ帰ると「先輩と飲みに行けばいいじゃん、なんでさっさと帰るの?」と言われる

 

僕はわがままなのかもしれません。だけど、これらが常識だと思っている人はやっぱりおかしい。

本当は1年くらい働いてから辞めようと思ってましたが、辞めるの前提で働いているのもおかしな話だなと思いました。

 

とりあえず、

僕は会社を辞めないと何も前には進めないと思い、転職先は決まっていなかったけど辞めました。

 

僕には

「すぐ、自分にあった転職先は見つかるっしょ」

という、根拠のない自信がありました。

 

だから、辞める決断ができたのかもしれませんね。

 

自分の好きなサービスをしている企業に転職をしよう!

僕は会社を辞める前に、たくさんのキャリアを経験している方と飲む機会があって、そのときに

「オススメの転職のしかたってなんですか?」

と聞きました。すると、

「自分の好きなサービスをしているところだよ」

と言われました。

 

世の中には、たくさんの転職方法があります。だけど、この言葉を聞いて、

『転職のしかたってめちゃくちゃシンプルなんだな』って思いました。

 

実はこの言葉を聞いて、僕が真っ先に頭に浮かんだ自分が好きなサービスは”TABETE ”だったんですよね。

まさか、この時に働けているなんて思ってませんでしたけど。(笑)

 

皆さんも、自分にあった転職先を探しているのならば、

自分の好きなサービスをしている企業に、素直に受けてみてもいいのではないでしょうか?

(でも、難しい話ですよねこれって・・・)

 

TABETE に入ったキッカケ

会社を辞めた後は、僕は転職をする予定でした。

 

「独立すればいいじゃん!」

といろんな方に言われましたが、僕は安定した収入がないと好きなことに没頭できないタイプなので、会社に入ってから徐々に自分でお金を稼ごうと思いました。

 

大阪にいたときに、お世話になった方から

「ダテカイって、安定した収入がないと好きなことができないタイプだよね」と言われたのを今でも覚えています!(笑)

 

僕はブログを書くのが好きなんですけど、8時間・10時間も作業できるほどのめり込めなく、せいぜい5時間くらいが精一杯でした。

 

 

だけどブログ以外にやりたいことが見当たらなかったので、とりあえず少しでもブログに活かせればと思い、SEOを学んだり、WEBのデザインをしたいなと思いました。

そこでWEBマーケティングをやっている会社の面談を受けに行っていました。

だけど、結構ふわふわとした理由なので、会社の面談を受けに行ってもなんかしっくりきませんでした。

 

あるときにHIUで、

『人事の方、TABETE で働いてみませんか?』というスレッドがあって、

『これ、来たわ!!』と思い、人事の経験全くやったことないのに、文章をよく読まずに

「働きたいです!」とコメントしちゃいました。(自分がアホで心底よかったなといまは思っていますw)

 

面談のつもりで来たのに、実は面接で、しかも憧れの”TABETE”ともあって、超ドギマギしてしまいました。

『あー全然自分出せてないな・・・』と思っていると、

「じゃ、次は社長と面接しようか!また連絡するね!」と言われて、なんかよくわからないけど1次面接を通過できたのです(笑)。

 

そしてある日突然、HIUのTABETEで働いている先輩から

「今日、面接これる?」と言われ

『えっ、今日?めちゃくちゃ急やん!何も準備していないよ!』と思いながらも、『ここはノリが命!』と思い、

「大丈夫です!」とメッセージを送りました。

 

もちろん、社長との面接もすごく緊張しました。言いたいことは全く言えてませんでしたが、

「いつから働ける?」と言われ、

「えっ????明日からでも・・・」と言ったら

「OK!明日からね!」と言われ、なんと合格できました。

 

(てか側から見たら、超危ない会社みたいですよねw)

 

ちょうど、前のIT会社を辞めた1ヵ月後にTABETEで働くことになりました。

 

僕がTABETEで働けているのは、HIUやそのTABETEで働いている先輩のおかげだと思っています。

だけど、HIUで僕がイベントをたくさん開催し、のべ100人以上集めたりし、目立った動きをしていなかったら、絶対に入れていないです。

どこで、何が活かせれるか本当にわからないものなんだなって思います。

 

だから、「これってなんの意味があるんだろ?」

と考えるよりも、興味持ったことをとことんやるのもアリなんじゃないかと思います。

 

レベルが高い環境は自分を高める最高の場である

世の中には働きやすい企業ランキング的なのが存在しているようですが、僕はTABETEが1番働きやすい企業だと思います。

 

基本は平日の10~19時までで、週休2日制。昼休みは各自とってもとらなくてもいい。

という感じです。(フレックスなのであんまり関係ありませんが(笑))

だけど、ほとんど好きなこと・楽しいことをしている状態なので働いているのか働いていないのかわからない状態です。

勤務時間外でも休日でも仕事をしたりするし、TABETEのイベントだって普通に土曜日とかに開催しちゃいます。

 

これらの働き方だけじゃなくて、一緒に働いているメンバーが本当に仕事ができて、仕事熱心で、面白い人たちばかりなのもTABETEのいいところです。

正直、なんで僕がここでは働けているのかわからないレベルですw

 

僕は、チームのメンバーのレベルが高ければ高いほど成長できる人です。

中学では部活に入らず、県でトップクラスのサッカーのクラブチーム(1学年50人くらい)に入りました。そのクラブでは最初1番下手くそでしたが、なんとかレギュラー争いができるまで成長することができました。

さらに大学生の頃にHIUに入り、すごい人たちに出会い、自分の能力の無さにがっかりしましたが、なんとか自分でイベントを主催して、集客はのべ100人以上を達成しました!(満足はしてません!)

 

だから、この成長できる機会を逃したくはありません!

 

毎日クタクタになるけど、本当に楽しいのです。

 

 

個人が意識するだけでフードロスは削減できる

自分のキャリアについて書きましたが、ちゃんとTABETEで働いている思いもあります。

 

TABETE は、フードロス削減を目指しています。

フードロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食事のことを言います。

TABETE は、飲食店さんなどが、急な天気の崩れやドタキャンなどで、まだ食べられるのに捨てざるおえない食事を、TABETEユーザーにレスキューして(買いにきて)もらう社会派のサービスです。

 

僕は、4年間居酒屋で働いた経験があり、80人の宴会の予約していたお客さんがドタキャンして、沢山の食事が捨てられている現場などを見てきました。

 

僕にとって、食事とは究極のエンタメです。

おいしそうな料理屋さんに入って、おいしい料理を食べて、

「この料理を今度は大切な人と一緒に食べに行きたい!料理を食べている大切な人の幸せそうにしている顔が見たい!!」

と想像するのって、すごく幸せじゃないですか。

 

様々な思いがある”まだ食べられる料理”を捨てるのは、僕にとってすごく心が痛いです。

前の会社では、カレーに大量の七味をかけて食べさせられたことありますが、その時に感じた怒りは今でも忘れられません。

「なんでこの人たちは、こんなに料理を粗末にできるんだろう?」

って思ったからです。

 

食事の面白いところは、多様な選択肢があるところです。人間ほど、色々な食べ物を食べている生物はいません。

日本は世界と比べて、多様な食事を食べられる国です。

これから、他の先進国がフードロス削減を真剣に行い、日本がこのまま食事を粗末にしている状態だと、海外から食べ物が輸入できなくなり、日本の食の選択肢が狭まるかもしれません。

大げさかもしれませんが、それくらい考えてもいいのではないかと思っています。

 

飲食店だけではなく個人でも、フードロスは起こっています。

冷蔵庫の奥に眠っている賞味期限切れの食材だって沢山あります。

なので、冷蔵庫の中をチャックしてロスが出ないようにお買い物をするだけでフードロスをふせぐことができます。

 

僕は少しでもフードロスをなくして、多様な選択をできる日本の食文化を守っていきたいです。

「大切な人とおいしく食べられる食事」

最高じゃないですか!!

 

僕にとって今の時間はとても貴重だ!

話は脱線しましたが、皆さんに今回伝えたいことは、

「会社辞めても全く後悔しないよ」

です。

僕は今の生活をとても楽しんでいます。確かに安定はないですがその分、今を全力で活動できていて幸せです。

 

僕はよく飲み会帰りに終電を逃していて、1時間半くらい歩いて家に帰ることがあるのですが、そのことを話したら

「ダテカイさん!タクシー乗らなきゃダメですよ!ダテカイさんの時間単価が高いんだから、1時間半無駄にしちゃダメだよ」

と言われました。

 

僕にとって今の時間は貴重なんだって改めて気が付くことができました。

僕はこの20代をもっともっと全力で生きたいし、もっともっと加速して行きます。

 

「つまらない会社で言い訳して愚痴って人生無駄にするなら、早く新しい環境を見つけようぜ!」

と本音を言いたいところですが、人にはいろいろな生き方ががあります。なので自分の思いを押し付けようとは思いません。

でも、会社を辞めるのが不安な人が、少しでも参考にしていただけたならとても嬉しいです!!

 

★続けて読む★

 

www.kaikailog.com

 

スポンサーリンク