カイカイログ

ダテカイと申します。個人で生きるためのブログです!

暇つぶしでゲームをしている人はヤバイと思っている

スポンサーリンク

f:id:hinata0918:20180313230038j:image

 

こんにちは!ダテカイです!

 

スマホゲーム。僕は高校3年の後半〜大学3年生までパズル&ドラゴンにハマっていました!そのお陰で大学入試には失敗しましたが…

 

今、大体の人がスマホを持っていて、暇さえあればゲームをやっている人が多く見受けられます。本当に、本当にゲームが大好きならいいと思うのですが、暇つぶしでゲームをやっている人は如何なものかと思ってます。

 

ゲームはハマりやすい構造に上手くなっていているので、ハマる人は凄くハマります。

僕もすぐ没頭してしまいます。暇つぶしでもゲームをしてしまうほどです。

 

だけど時々思うのは、このまま人の作ったコンテンツで遊んでいて良いのか?ということです。(たまに遊ぶのは賛成派)

 

人のコンテンツで遊ぶなら、自分で作ったコンテンツで遊んだ方がはるかに面白いと思うし、やりがいや成長なんかを感じられると思います。

 

ゲームではないですが、polcaやクラファンの企画を成功させたり、イベントを成功させたりした方が、ゲームで得られる快感より遥かに大きいのです。実体験済み。

 

この違いは「自分で問題設定していないか?しているか?」です。

 

問題設定を自分でしていないということは、相手から問題を提示されて、解答する形。

問題設定を自分で設定するということは、自分で問題を提示し、自分でその解答を見つける形。

 

おそらく、日本の人は教育上、問題設定をする機会が少ないので苦手です。僕も研究課題の時は、問題設定にかなり苦しめられました。

 

話は飛んでしまいましたが、暇つぶしでゲームをやるのはまずい気がします。暇つぶし=時間潰しです。そんな時間を潰すという行為をするならば、何か一つコンテンツを作ってみた方が、予期せぬ発見があるかもしれないし、ゲームより楽しいことが見つかるかもしれません。

 

ー追記ー

今後ゲーム内で仮想通貨みたいにお金の概念が崩れて、お金を稼ぐことが出来たら、もしかして暇つぶしでゲームをやっていた人は強いかも。

 

スポンサーリンク