<HIUに入ろうか悩んでいる人必見>普通の大学生がHIUに入ってから1年経って分かったメリット

スポンサーリンク

  f:id:hinata0918:20180630211814j:plain

 

HIUに入ろうと思っているけど・・・、

『月額1万円のメリットってなんだろう?』

『実際にどんなところか分からないし、何をやっているかわからない。』

『どんな人達がいて、何をすれば良いかわからない。』

 

といった疑問に答えます。

 

この記事の内容

 

 この記事を書いているぼくは、

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)というオンラインサロンに入っています。

2017年3月(大学3年生の時)に入ったのでちょうど1年4ヶ月が経とうとしています。

 

 

HIUに入ったおかげで、様々な人に出会い、ぼくの価値観と人生の選択肢が本当に180°変わりました。

 

 

HIUに入ろうか悩んでいる人、または入りたての人のよくある悩みとして

「HIUで何をすれば良いかわからない」

という悩みがあると思います。


ぼくも最初は2ヶ月くらいHIUに入るのを悩んだし、

入ってもただFacebookでみなさんの投稿を眺めていて、

「やばい、場違いなところにきてしまった。話のレベルが高すぎる・・・。」

と感じていて最初は何も出来ませんでした。

 

とはいえ、気がつけばもう1年4カ月

HIUのことが全部わかったというわけではありませんが、

月額1万円払うメリットや、どんな人がいて、最初は何をすれば良いのかがわかるようになってきました。

 

そこで今回は、”HIUに入るメリット”などを解説していこうと思います。

 

※この記事を読めばHIUに入ろうか迷うという悩みが消えるでしょう。

 

 

HIUとは?

 

★HIUの概要★

堀江貴文による会員制オンラインサロンです。メインのFacebookグループに加え、約30個の分科会グループで構成され、その中でメンバーは自身のやりたい事をカタチにしていきます。ビジネスも遊びも、とにかく全力で望むやる気のある人たちが集い、交流し、新しい価値を生み出していく場です。

 

月額1万円で入ることのメリット

 

月額1万円でHIUに入ることのメリットはこちら

・コミュニティの質が自然と高くなる

・1万円を取り返そうとするようになる

・HIUのリソースが使いやすくなる

 

コミュニティの質が自然と高くなる

入る前に立ちはだかる大きな壁は毎月1万円を支払わなければならないことです。

僕もこれのお金の問題に日々悩まされて、HIUに入るまでに2ヶ月かかりました。

当時の大学生の僕にとってはとても痛かったです。(もちろん社会人の人にとっても痛いですよね。)

 

ただHIUで活動していると、HIUという質の高いオンラインサロンが成り立っている大きな理由として、この月額1万円を払う仕組みが重要なものだと分かりました。

 

よくよく考えてみて下さい。

月額1万円払ってまで、よくわからないオンラインサロンに入ってくる時点で、よくわからない人だと思いませんか?

あなたが周りの友達に、

『月額1万円を払ってHIUに入っている』と言った時点で、あなたは周りの友達から”変な人”呼ばわりになること間違いなしです。

 

話は逸れましたが、この『よくわからないオンラインサロン』『変な人』っていうのがキーポイントで、本当に面白い人しか来ないんですよ。

  • 企業をしたりして、何か人生を変えたいと思って入ってくる挑戦心がある人
  • 世の中の常識に疑問を持った人
  • 縦のつながりだけではなく、横の繋がりを求めに来た起業家

などなど。

 

お金を払ってまで、自分のやりたい事をやる人達ばかりなので、 

モチベーションが高くて、能力値が高い人が集まり、プロジェクトの進み具合が半端なく速いのです。

よって、自然とコミュニティーとしての質が高くなるのです。

イベントを通してHIUの人たちが凄いと思った理由 - 20代の損をしない生き方

 

1万円を取り返そうとするようになる 

『せっかく月1万円払っているのだから何か行動しなきゃ損する』と考える人が多いと思います。

 

HIUの人たちから

『何かプロジェクトやらない?』と言われるわけではないので、自分から何かしないとただお金を払っている状態になります。

だから自分から主体的になって動こうとします。

 

つまり

1万円払っていることにより、それが尻たたきになる訳です。

 

そして、難易度は少し高いですが、行動した後の次にマネタイズを考えるようになるわけです。

実はHIU内で稼ぐことって、1万円くらいなら意外と難しくないんです。

 

僕が1万円以上稼いだ具体的な方法は、イベントを自分で主催することです。

 

イベント名は”普通の人ナイト”というイベントです。

どんなイベントかと言うと、

普通の人同士で集まって、アウトプットの練習や今後自分がどうやってHIUで価値を見出すかを話し合うイベントです。

 

当時は

『HIUには普通の人なんていないでしょう』と言われましたが、”普通の人・ダテカイ目線”だと、自分が普通の人だと思っている人は結構いると思いました。

 

普通の人って、自分よりすごい人(まぁ色々定義はありますが・・・)と話すのは、結構緊張するんです。

「こいつ面白く無いやつだな・・・」

「こいつ浅い人間やな・・・」とか思われるのが、嫌で自分のことを話せずに終わってしまうのです。

 

そして、自分にはこの世界(HIU)はやっぱりハードルが高かったから辞めちゃう人が実際にいたんです。

でもこんなに面白い世界を知らないでは辞めてしまうのは勿体無いと思い、普通の人たちだけ集めてアウトプットできるキッカケを作ろうと思い始めたのが”普通の人ナイト”なのです。

 

さらに人は誰でも自分にしかない武器(価値)を1つは絶対持っています。

でも、自分のことを普通だと思っている人は、自分の武器に気がつかない人が多いのです。

そこで、色んな業種の自分のことを普通だと思っている人が集まって、アウトプットし合って、それぞれ自分たちの武器(価値)を見出すことにより、HIUでどう価値を見出せるのかがわかるようになるのです。

 

 

 逆にすでに武器がある人はチャンスです。

HIU内で知り合った人とそれぞれの武器を掛け合わせて一緒にビジネスしたり、企画を立てたりできるのです。

 

このようにしてHIU内でお金グルグル回すことが出来れば、

『月1万円はちょっと高い・・・』と言う理由で辞めざるおえない状況は無くなります。

 

でもやっぱりお金を稼ぐのは難しいですね。

でもマネタイズを考えるのは結構面白いんですよ!

 

HIUのリソースが使いやすくなる

 月額1万円で集まったお金は全部ホリエモンの懐に入るわけではありません。

 その集まった資金でホリエモン万博(2018年2月3.4日に六本木で開催)の資金として使われたり、その他サロンの面白いプロジェクトなどに必要な活動費などとして使われたりもします。

 

つまり、HIUのリソースを使って自分のやりたいことができるんです。お金がないという言い訳ができなくなるわけです。

 

※全部が全部の企画にお金をいただけるわけではないのでご注意ください。

 

 HIUにはどんな人がいる?

 

『HIUにはホリエモンみたいに怖い人ばかり?』

と思う人はたくさんいると思います。(実は「ホリエモンは実際に会ってみると優しい方だよ!」とよく聞きますが・・・)

 

正直、人間関係が一番不安ですよね。

 

この回答を一言で言うなら、

HIUの人たちは優しい人達ばかりです。

 

 ただ、人に時間を奪うような行動はあまりお勧めしません。

HIUのフェイスブックグループに書いてある注意事項をよく見ないで、同じ内容の質問や初歩的な投稿をする人。

あとは、「これやりたい!!あとは皆さんお願いします!」みたいな、いわゆる「クレクレさん」には、厳しいです。

 

でも考えてみてください。

人に時間を奪うのに厳しいのは何も特別HIUの人たちだけの話ではないですよ。

 

基本的に場をわきまえれば、とても優しい方達ばかりです。

 

僕の感じている限りでは、サロンで活躍されている方は、主に行動力がすごくあって、基本「give & take」というスタイルではなく、「give&give&give」 の精神を持っている人が多いです。

 

とにかくプロジェクトやりたい人は、人に頼る前に自分でどんなに小さな力でもいいから動きましょう。

そしたら共感して乗っかってくれる人もいますし、手助けしてくれる人がきっと現れてくれます。

 

HIUに入って最初に何をすれば良いか?

 HIUって基本オンラインで連絡を取り合っています。

それは間違いありません。

 

ですが、僕みたいに普通の人は、

急に人のオンライン上の会話に割って入ってコメントするのは正直敷居が高いです。

そうして、皆さんオンライン上で何も発言できなくHIUを辞めてしまうんです。

 

そんな人はまずHIUのオンラインのイベントに参加してみましょう。

 

オフラインの場で参加すると、色んな面白い方達に会えるのはもちろんなのですが、たくさんのHIUの知らない出来事が知ることができます。

 

情報交換するのに最適な場なのです。

 

皆さんも会社やバイトの最初の飲み会がすごく嫌だったけれど、そこで会社やバイトでの仕事中ではしない話をするはずです。

そこで『みんな意外と面白いな!』っと感じたり、そこで意気投合して仲良くなったりして、『次の日の仕事が楽しみになった!』

なんて経験はあるはずです。

 

オンラインではその人がどんなひとか100%は分からないんです。

 

僕も最初の頃はガンガンオフラインで顔を出していました。

すると、僕がプロジェクトを立てたときに、オフラインで応援してくれる人が沢山いました。

 

だからまずはHIUはどんなところかを知るために最初は色々なイベントに参加してみましょう。

東京や大阪では頻繁に開催されているので、その近辺に住んでいる方は是非顔を出してみてください!

 

ダテカイがHIUに入ろうと思った理由

最後に余談ですが、ダテカイがHIUに入ろうと思った理由を説明したいと思います。

 

ぼくがなぜHIUに入ろうと思ったかというと、

ざっくりとした理由ですが、”自分の人生を変えたい”と思ったからです。

 

大学3年生まで、僕はずっとサッカーをしていました。

ですが、サッカー人生はうまくいったものではありませんでした。

そこで、バッサリやめてサッカー以外に何か新しいことを始めようと思い、たまたま寄った本屋さんでホリエモンの本を読みました。

 

その本の中には、これからの人生に危機感を与える内容ばかり書いてあり、

このままじゃまずい、人生を変えなきゃ自分は幸せになれないと思いました。

 

そこで次にホリエモンの『99 %の会社はいらない 』という本を読みました。

その本には詳しくHIUのことが書かれていて、

HIUのことが気になり”堀江貴文イノベーション大学校(HIU) ”通称HIUに入ることを決めました。

 

意外と、ホリエモンの本を読んで入った人って多いんです。

 

ダテカイって一体どんな人?

 

まとめ 

今回の記事を一つずつまとめていくと、

 

HIUで月額1万円を払うメリット

⇨モチベーションが高い人たちばかりが集まる。

 

HIUにどんな人がいるのか

⇨優しい人たちばかりいる。

 

HIUに入ったら何をすれば良いか?

⇨オフラインでHIUの人と会う。

 

です。

とにかく、気になったら入ってみればいいと思いますし、自分に合わなければ1ヶ月で辞めてしまえばいいと思います。

 

この記事でHIUに入るメリットばかり語ったのは、デメリットが本当にないからです。

何故ならば、嫌なことはやらなければいいだけという理由のためです。

お金をもらっていないので、嫌なことはやらなくていいし、断ればいいだけです。断るハードルも低いです。

 

※ちなみに今回僕はHIUについて一生懸命いいところを語りましたが、誰にも頼まれてないし、一円もお金もはいりません(笑)

 

以上です!

 

★関連記事★

 

www.kaikailog.com

 

 

www.kaikailog.com

 

 

www.kaikailog.com

 

 

スポンサーリンク