カイカイログ

ダテカイと申します。個人で生きるためのブログです!

アルバイトがつまらない理由!給料以外に価値を求めている?

スポンサーリンク

 

f:id:hinata0918:20171220170757j:image

 

こんにちは。ダテカイです。

 

先月に4年間くらい勤めたアルバイトを辞めました。

 

理由は単純で

面白くなかったから

です。

 

給料が普通のアルバイトと比べて良い分、

「 嫌なことをちょっとだけ我慢すれば割は普通に良いよね?」

って考えに至っており、

嫌でも辞める決心はつきませんでした。

 

でも、嫌なことをやっていても自分のメリット は給料貰えるくらいしか無いし、ワクワクしない時間を減らしたいと思い、辞めた後の働き口を見つけずに辞めました。

 

で、今月お金が無くなったので、完全に歩合制でデリバリーアルバイト「ウーバーイーツ」を始めました。

 

働き出してこんなことを思いました。

 

本日は、

アルバイトがつまらない理由を大まかに分けて2つ答えます。

時給制の好きでもないアルバイトだからつまらない?+なぜお金をもらうだけのアルバイトはつまらないのか?

について書いていこうと思います。

 

 

 

 

好きでもない時給制のアルバイトだからつまらない?

 

どんなに頑張っても時給制のごく一般的なアルバイトは給料があまり上がらないのは事実。

 

仕事ができないアイツとほとんど変わらないと自分の給料がほぼ一緒でイライラすることありますよね?

自分が手を抜いたとしても給料は減るわけじゃないので、実は頑張らない方がお得。

なので、やる気が起きなくて本気で仕事と向き合わないので、自分のクオリティがいつまで経っても上がらない。

 

ってことは、無駄な時間をただ淡々と過ごしていることになりませんか?

それって、ヤバくないですか?

 

お金を貰うだけアルバイトじゃつまらない?

 

僕は一時期凄いバイトが楽しい時がありました。

そのときは、もはや給料をもらいに行くというより、遊びに行く感覚(仕事は真面目だったよ)でした。

 

上司の方が、凄く優しくて話上手で風通しが良い。

やるときはやってメリハリがある。

その元でやってました。

 

その上司やアルバイトの人とコミュニケーションを取りに行くというモチベーションでバイトに行っていたので、働くことは苦じゃなかったのです。

 

どんなに忙しくても、その後のコミュニケーションをとっていたので頑張れたのです。

 

「今日の問題点はどこ?」

とか

「あの時間死にそうだったw」

とか、

自然と自分から話せるようになっていました。

これは仕事が、自分ごと化できていたからだと思います。

 

上司には自分の意見言いやすい環境。

ほかの同じアルバイトの子とかともコミュニケーションを取りやすい環境で、

自分の意見を素直に伝えることができ、通ったらすぐ改善される。

これが仕事を自分ごと化にできた理由なんだと考えました。

 

人間には承認欲求があります。

つまり、他人に認められることで自分に価値があるんだと判断するのです。

 

僕ら若い世代には、給料を貰う以外に求めているものがあります。

それは内面的な価値です。

嬉しいとか楽しいとか面白いとか。

 

だから、僕がそのときアルバイトが楽しかった理由は、コミュニケーションをしっかりとれて、「働くのが楽しい!」などの内面的な価値を見いだせていたからなんだと感じました。

 

これは大人の皆さんに伝えたいのですが、

一見、不必要なコミュニケーション(仕事に関係ない話)ってのは、僕らの内面的な価値を求めるヒト達にとっては、給料貰うと同じくらい重要なんです。

 

そこで、仕事場の風通しが良くなったら、自分の意見や思っていることを伝えることができ、色々な問題点を自分から解決するようになります。

「なんで、これはこういう仕組みなの?」

っと疑問に思い、見て見ぬフリなんてことも無くなるんだと思います。

 

ちなみに怒るとやる気なくなります。

最後まで意見聞いてあげましょう。認められたいんです。(面倒くさいと思いますがw)

 

まとめ

今アルバイトが楽しくない理由は、単純に好きな仕事でもない歩合制の仕組みだったり、内面的な価値が見出せておらず、ただお金を貰うだけなのではないでしょうか?

 

そんなアルバイトは辞めた方がいいと思います。

アルバイトは沢山ある。

大学4年の後半に辞めて、この先需要のないぼくでもこうして新しいアルバイトを見つけられたのだから。

 

若いうちに自分に価値あるバイトの時間にした方が伸び率も高いし、将来役に立ちます。

 

 

続けて見る↓

 

www.kaikailog.com

www.kaikailog.com

 

 

スポンサーリンク