カイカイログ

ダテカイと申します。個人で生きるためのブログです!

嫌われたくない人向け。意外と面と向かって悪口言ってくる人なんていないよ。

スポンサーリンク

 

f:id:hinata0918:20171215163126j:image 

 

コンニチハ。ダテカイデス。

 

もう12月の半ばですね。

あと半月で2017年も終わろうかとしています。

 

去年の今頃、僕の考え方の変化が起きた月でもあります。

今日の記事の前半は僕の話を、気持ちよく話す気持ちいい記事なので、そこら辺ご了承をお願いします。

 

 

 

 

サッカーをやってた頃の話

 

さてさて。

僕は、大学3年までずっとサッカーをやってきました。

高校生頃、高校でサッカー引退しようかと考えていました。

が、大学に入ってから、サークルも部活もなにもやってないと、大学に行く目的が無くなってしまい、次第に行かなくなってしまうのではないかと考えて、体育会系サッカー部に所属しました。

 

皆さんもお気づきの通り僕が運動神経良さげな理由は、普通にガチでサッカーをやっていたからです。

まぁ、サッカーを本気でやってる人からしたら「こいつはナニを言ってるんだ?」

レベルですね。

 

サッカーサークルに入らなかった理由は、

サークルにはなにも目標がなかったんですよ。

 

〇〇大会優勝!とかあるかとは思いますが、

週一回の練習でたまに大会出て・・・

みたいなお遊び感が嫌いで(ぼくの大学のサークルはね)

そこにいる意味を見出せなかったので、サッカー部に入りました。

 

ごく稀にめちゃくちゃ強い大学の人達と対戦できたのでワクワクしました。っと、同時に

「この人達に絶対に追いつけないな」

と感じました。

 

まず、熱量が違う。

みんなプロになりたいと思ってここまでサッカーやってきたんだもんな・・・

 

まぁ、そんな体験をしたりして、サッカーをやる意味があんまり見出せなくなると共に

「僕からサッカーを取ったら何が残るのかな?残りの大学生活変わった活動なんかしたいな」

とも思っていました。

 

大学のサッカー部の監督に呼び出されて

「サッカーこのままやる?それとも引退する?」

っと言われ、

「引退します。」

と即答して引退しました。

 

その後、日常が暇になってしまいました。

小学校からずっと土日も休みもなかったので、暇つぶしの仕方がわからなかったんです。

大学→バイト→大学→バイト→飲み会→飲み会→ボーリング→大学

 

「やべぇ、今日オールしちまったよ〜!」

系大学生になりました。

 

心の奥で

「これはイカン。自分が迷子になっとる。」

と思い、なんとなく書店へ。

 

で、ホリエモン著者の

『本音で生きる』

という本が目に入り、迷った末購入。

 

そこには、

「周りの人から嫌われると思っている人はプライドが高いやつ。」

 

っと、書かれており、なんだかホリエモンの言っていることが信じられなかったので、実際に

『嫌われる勇気』

を購入しました。

 

そこで思いっきり似たようなことがあり、

「本当のことなんだ!」

と思い、なにか僕の中で科学反応が起きて、僕はブログをSNSでさらけ出すことにしました。

 

これがブログの始まりであり、なにか新たな一歩を踏み出すスタートだったんです。

 

周りを気にしている人はプライドが高い人

 

僕がこうやって発信できているのは、ある意味周りの人を気にしてないからです。

(読者の人がどうやったら見てくれるか。共感しているかは気にしてますが。)

 

なぜ、周りの人を気にしている人がプライド高いのかと言うとですね。

 

自分の本音を言えない人ってのは大多数だと思います。

それはある意味

「この人に嫌われたらどうしよう」

「相手が傷ついたらどうしよう」

とか、思っているからでしょうね。

 

そりゃ、僕もたまに思います。

 

でも、これって小さな自分を守る為なのではないのでしょうか?

 

「嫌われたくない!」

これは自分を守る行為です。

でも、ずっと本音を隠している関係って上辺だけの関係だと思いませんか。

相手も心を開きません。

 

僕はこの薄っぺらい関係があんまり好きじゃないんですよ。

 

嫌われたくないという小さなプライドがあなたの幅を狭めているのかもしれません。

 

 自己啓発書みたいになってしまいましたね💦

 

じゃあ、実際に嫌われる勇気を持った後の僕の体験談を話しましょう。

 

ブログをSNSに公開した後の周りの反応は?

 

僕は自分のブログをSNSに勇気を持って公開しました。

 

周りの反応は、

 

ほぼなにもなかったです。

大体の人は僕になにも言ってきませんでした。

 

仲のいい友達からは、

「開のブログ見てるよー!」

とか

「会社設立したら俺雇ってくれ笑」

とか

「おれあんまりビジネスの世界とかそーゆーのわかんねーけど頑張れよ!」

とか言ってくれる友達がいました。

 

直接なにか悪口は言われたことありません。

Twitterのフォロワー切られたぐらいです。

 

今思いかえすと、フォロワー切られた人は別にそこまで仲良くなくて何回か話したことある人ぐらいでした。

 

だから、なにか挑戦しようとしていて勇気の出ない人も、周りに応援してくれる人は沢山いるのでなにも心配することはないのです! 

 

少なくとも僕は味方です。

 

応援してます。

以上です。

 

 

オススメの書籍↓

 

 


本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 

 

 


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

スポンサーリンク