原稿用紙1枚分の書評ブログʕ •́؈•̀ ₎

ダテカイです。自己啓発本の書評をします!!

僕が必要だと思う次世代の教師像を考えてみた。あと面接結果も。

うぃっすー!!

この会は、前面接行ってきたときに話したことを一部切り取って、そこから今の教師について書いていくね。

まずは結果発表だお

まぁ、同然の如く落ちました。

そりゃ、そうですよね!!
相手からしたら、
一緒に働きたくないと思われたんですから!

最近は嫌なことしたくないアレルギーが酷すぎて。。笑
間違えなく、社会不適合者だと思います。

大学の教師っていらなくない??

面接官(以下、面)「君って教師になりたかったの?」

まぁ、色々あってこんな下りになった。

僕 「大学2年生まではなりたかったです!」
面 「今はなんでなりたくないの?」
僕 「え、教師って最近いらないなぁと思ったので」

もちろん、教師は必要だ。
ただ、僕が思うのは、既存の教師はいらないと言う意味。
昔からなんか変わったことある??

面 「なんで?僕、実は大学で准教授やっているんだ」

やべぇ笑
ここで、地雷自ら踏みに行ったーー笑
ほんと、心の中で笑った!!

僕 「なんか、嫌々勉強やってもつまらないし、大学ってただ、インプットするだけじゃないですか。そんなんだったら、大学にお金払ってる分を自分からイベント開いたり、お店開いたりして、実践から経営学の勉強したほうが1番良くないですか?」
面「でも、なにも知らないとダメじゃない?やっぱり勉強しないとね」(そんな感じだったはずw)
僕 「いえ、自分が興味持ったことって、自分から勉強するじゃないですか?だから、別に教えなくていいんですよ」

みたいな、感じで話し合った。

もはや、これって面接じゃないんだよな笑

無理矢理でも型にはめる先生

僕が高校生のころ。
高校の時は一コマ50分授業だった。

んで、そんとき市か、国で作られた高校生の合同テストがあったんだ。
そのテスト時間がたまたま40分計算で作られていた。

なんで、いつもより10分早く終わるとワクワクしていたら、

なんと最初の10分間自習になった。

僕は率先して、
「この10分間いらなくないですか?早く終わりにしましょ!」

そしたら先生が僕の机を蹴り
「大人の作った時間にケチをつけるんじゃねーよ

と言われた。

その時の記憶は今でも鮮明である。

この人、ダメな先生だ。
そして、自分の意見を力と暴言で僕を沈めようとした、思考停止な人だなと感じた。

僕が求めている先生像

最近、小学生でもプログラミングや英語の勉強を教えているらしい。どんどん先生の首を締めるだけ。どんどん生徒の可能性を無くすだけ。

そんなんなら、僕はみんな本当にやりたいことをやればいいと思っている。

そうしないと、日本はどんどん同じ人間を作り上げられてしまう。

ある程度、なんでもできる体、頭にして、頭が良ければいい給料もらえるよという情報を流す。

そんで、洗脳された人たちは会社で破茶滅茶な労働にあっても、辞められなくなる。


辞めようとしても、周りから不安な情報や煽りが待っている。。。

だから、自殺が起きてしまうのだ。

今必要な教師は
これだけ便利な世の中になり、お金がなくても生きられる時代だし、
教師は生徒を見て必要最低限のことを言ってあげればいい。
生徒に挑戦するチャンスをあげてほしい。

どんどん、アウトプットさせてあげて下さい。

生徒が迷っていたら
少し手を差しのべればいいのだ。

終わりに

多分、この話をして、大半の人からしたらなんの話をしているのかわからないだろう。

でも、ここで問題なのは、教育制度が明治時代から変わってないこと。

インプットだけさせて、反論させないよう洗脳させているのだ。

だから、僕は今の時代に生きる教師いらないと思う。次の世代を生きる教師が必要ではないかと思う。


では、以上だっ。