個人で生きる基盤を創るダテカイ

ダテカイはウェブ界のタモリさんになります。毎日更新をしています!

(弁解)他人の時間を過ごしていると感じよう!!

うぃっすー!!

別のブログの内容で書いてたんだけど、これブログに出来るなと思ったんで書きますね!
f:id:hinata0918:20170519234636p:plain
今日こんなことつぶやきました。

はい。このままだとただの愚痴になるので弁解させてもらいやす。

まずは、他人の時間とは

他人の時間についてまずは説明しようかな。
僕が思う他人の時間とは。

  • 待ち合わせのとき相手を待っているとき
  • バイト、会社員として働いているとき
  • 時間を相手に定められているとき(出勤時間とか)

他人の影響を受けることだと思うんだ。

時間を軽く見ている人たちの例

研究室で、大学院生だか知らないんだけど、みんなの前で研究していることを発表する機会があったんだ。

ただ、その発表内容は本当にショボくて、スライドの内容は長いし、そのままスライドの文を読むし、伝わりにくいし、声小さい。

どんな凄い勉強しても、人に伝わらなくてはほぼ意味ないし、人が聞く気にならなければ価値はない。

そんなんなら、紙配って、はい見てください。で、終わるでは無いか。

僕は、開始1分で自分の作業に戻った。発表を完全シャットダウンした。

しかし、他の人はわからない顔をしながらも頑張って発表を聞いている。

まぁ、他人の意味のない時間を過ごしてるのが可哀想になった。
なんとか、この事実(今、君他人の時間を生きてるよ!)を伝えてあげたいと思った!

ここで、ちゃんと発表を聞かないと
発表者が可哀想って思った人いるでしょ?



アホか、僕たちのが可哀想だろ。

ちゃんと練習もしていない、適当なスライド見せられて。

と、言う理由で僕は聞きませんでした。

面接の待合室で何もしない人たちへ

よく、面接の待合室で何もせずぼーっとしている就活生いるんだけど、こっちからしたら何しているの?という感じ。
面接で落とされないためにじっとしているのかもしれないけど、それって結局他人の時間を生きているよね。

そんなんだったら、少しでも情報収集していたほうがいいし、それで落とされる企業だったら入らないほうがいい。

それは古い習慣がこびり付いている企業だからね。

ぼくなんて、待合室いるとき、ケータイいじってて人事の方が来たとき
『あー、ケータイいじってていいよ。楽にしてて』
と言われたw


待合室にいるときぐらい楽にしたら?

終わりに

こんなとこかな弁解は。
ぼくがブログに書いたり、SNSに書き込むときは、なんかしらの論理的理由があって書いています。

他人の時間を別に生きてもいいとは思うんだ。最初のうちはしょうがない。
ただ、『今は他人の時間を生きているんだな』
と考えながら生活しよう!

だいぶ見え方が変わるよ。

時間に気をつけて。

以上、ではっ!!