カイカイログ

ダテカイと申します。個人で生きるためのブログです!毎日更新をしています!

99パーセントの会社はいらないを読んで。

著者 堀江貴文

 

まとめだったり、感想だったり、考察だったりをわかりづらく、自己満で述べてます。

 

 

会社で働くというのは他人のレールに乗っかっている人生。

もちろん、それで自分の満足して生活出来ているならば素晴らしいこと。

 

ただ、不満があるのは他人のレールの上で走っているから。

時間が無い、無いと言っているのも同じ原因。不幸である。

 

でも、辞められないのは、そっちのが楽だからである。

なにも考えなくていい。

現状維持がとっても楽。

 

自分もつい楽な方に行ってしまう。

どこかのグループに属さないと怖くなってしまう。

 

でも、無理していたらどこかつまらない。

100人中

自分のこと嫌いな人が90人だとして、

好きな人が10人にだとしよう。

 

自分が嫌いな人のことを考えてしまいがちだが、

それは無駄だ。

自分のことを好きになってもらうには、相手が自分のこと好きになってもらわないと行けない。

自分にはどーにもできない。

相手の課題である。

 

そーじゃなくて、

自分のことが好きな10人に着目しよう。

 

例えば、扇風機があるとしよう。

Aさん。僕は暑がりだから扇風機がほしい。

Bさん。私は寒がりだからいらない。

 

2人がいるとする。

Bさんに扇風機を必要になってもらうにはコストがかかる。Aさん側に属する人がいれば、扇風機の需要がある。

ならば、Aさん側の人に対して

Bさんに扇風機を必要だと思わせるようにすることではなく、扇風機の質などを向上させた方が良いではないか?

そしたら、自然とBさん側からも支持が来るかもしれない。

(別に来なくてもいいけど...)

 

 

というように、自分が好きな人のためにどれだけのエンターテインメントを届けられるかが重要である。

 

ギブ&キブ

 

がとっても重要。

(これテストにでるから)

 

 

つまり、自分の思ったこと、好きな方に進めばいいということ。

でも、これが難しい。

 

それでも、私は少しずつ毎日自分の思ったこと、好きなことをやっていきたい。