カイカイログ

ダテカイと申します。個人で生きるためのブログです!毎日更新をしています!

常識を常識だと思うようになった途端に他人の価値観で生きる人間になる

 

f:id:hinata0918:20180114181658j:image 

こんにちは。ダテカイです。

 

今回は頭のいい大人の方には少し難しい内容です。

 

 

皆さんは普段、物事常識を疑いながら、考えながら生活していますか?

 

例えば、

「なんで飛行機はあんなに重たい体をしてるのに空を飛べるのだろう」

とか

「なんで自分は電車でスマホゲームをしているんだろ」

とか。

 

常識を常識だと思う人は、

翼とかしっかしりてるし、エンジンがすごいからじゃない?

とか、

ゲームが楽しいから。

 

とか、曖昧な理由で答えます。

 

人は常識を疑わなくなった時点で、他人のレールで生きることになるのです。

 

よくよく考えてみると、

小学校低学年の時は、

ケンカ相手の一人が泣いてしまい、周りがガヤガヤしだし、

「なに泣かせているの?お前が悪いだろ」

とか、どっちも罪があるのに、急に泣かせたやつだけが悪いみたいになってしまうのが許せなかった思い出がありました。

 

他には、

なんだか知らないけど、

突然先生に呼び出されて行ってみると、先生のとなりに一人同級生がいて、先生に

「岩舘君に〇〇されて傷ついているんだって」

っと言われ

「いや覚えてないですし、本人に嫌だとも言われてません」

と言い返したら、その子が

「いや、何回も言いました。」

と言ってきて、めんどくさくなったのか先生が

「この子が嫌がってるんだから、謝らないと」

っという理不尽なことで、謝らされたりしました。

 

この二つの話に、子供が常識を疑わなくなるような人間になる共通点があります。

 

それは、これはこういうものだと思ってしまうこと。

 

つまり、どっちが悪い罪でも泣かせた奴のが悪いと思ってしまっていること。

先生(自分より身分が上のもの)に従わないといけない(上の人はいつも正しい)と思ってしまっていること。

 

これらが重なっていくと、

段々、WHY?

が、生まれなくなってしまい、自分で

「これはこういうものなんだ」

と言い聞かせるようになり、

 

常識を疑わない、他人の価値観で生きるようになった人間が完成します。

 

まぁ、学校教育は明治時代のときから今も変わっていなくて、工場で働かせるために業務に支障の出ない平均的な人間を育てるように出来ているからしょうがないですね。

 

未だに、僕も知らずに常識を常識だと思っている部分もありますが、

普段から周りキョロキョロを見たり、他人通しの話を聞いたり、分からないことがあったらすぐググったり、人に聞いたりして、ナゼをほったらかしにしないようにしてます。

 

例えば、東京には高いビルが建ってますよね?

でも普通の人は

あのビル大きいね〜!っと思ったり、

素通りするパターンがあります。

 

僕が思うのは、

またこんな大きい建物建てて大丈夫なのかな?

っと思います。

いや、つまり100年後のことや解体のこととか考えてるの?

とか思うのです。

まぁ、結果考えてないらしいんですけどね笑

(解体業の方から聞きました。)

 

ともかく、

視点を広くするなら、これはコウイウモノダ。

と抑えつけるより、

数学の公式を丸暗記するのではなく、

なぜこの公式が出来上がったのか?

なぜこれはこうなったのか?

 

を考えると、自分ごと化できて、街を歩くのが楽しくなったり、視野が広くなったりして、自分の可能性が広がるわけです。

 

ではまたʕ •́؈•̀ ₎

 

 

 

 

今の受験生に向けて。その大学に行ってなにモノになりたいか?

f:id:hinata0918:20180113221254j:image

こんにちは。

ダテカイです。

 

今から四年前。

僕もセンター入試受けていたなぁ・・・

っとふと思い出しました。

 

僕が何故、大学進学を選んだのかというと、

『まだ、就職したくないから』

っという曖昧な理由で、

じゃあ、なんの学部に行こうか?

と思いついたのが、教育学部。

僕は学校の先生になりたかったのだ。

 

だけど、大学受験勉強は本当に本当に退屈でつまらなく。

勉強をサボってスマートフォンアプリゲーム・パズドラをやっていました。

 

勉強のほかにパズドラしかやることがなく、パズドラの方が勉強時間よりもプレイ時間が長くなってしまうこともしばしば。

 

‪センター試験前日も当日も‬
‪マックス村井氏の動画を見て‬
‪パズドラの激ムズステージ攻略に‬
‪奮闘。

 

‪その結果、‬
パズドラの技術と
‪テストの点数が
激しく反比例していました。

 

よって、教育学部は落ちて、入りやすい情報学部(数学・情報の教員になれるため)に進学しました。

 

大学入ったあと結局、教育免許も取得するのがめんどくさくなり、免許を取らないことに決めました。

 

そして、パズドラの能力を生かして、大学在学中はユーチューブでパズドラの攻略動画をあげてましたw(これも教えるという行為と一緒。)

 

先生になりたかったのは、ただ単に大学を行く理由にしていたので、気持ち的にはそんなもんだったんですよね。

 

 

僕の仲が良く、歳が近い子とこかはほとんどがMARCH以上なんだけど(悔しいw)、みんなして言うのは

「大学のレベルなんて関係ないですよ」

っと言う。

 

僕の意見は

「いや頭ええ方がいいやん!!」

なんだけど、

もっと言うなら、

「その大学で四年間、なんのプロになるのか?」

が重要になってくる。

 

MARCHの経済学部などでちゃらんぽらんして4年間棒に振るより、Fラン大学で情報学なりしっかり学んだ方がこれからの時代において価値は高くなる。

まぁ、僕もあんまり学んで来なかったんだけだねw

 

「大学入らなくてええやん!必要無いじゃん!」

とか、よくSNSで見かけるけど、それを間に受けてはいけない。

 

自分でしっかり大学に行く意味を考えてやりたいことがあればそっち行ってもよし。

やりたいこと無くて、進学せずフリーターでなにも考えずに時給バイトするなら、大学行った方がいい。あとでタメになる。

 

僕は3年間、大学で単位をちゃんと取得してきた。

大学自体はつまらなかったけど、大学に行く意味を見出すために、体育会系サッカー部に入部した。週4回の練習に、試合に、アルバイトに、大学の授業。

理系なので、パソコン関係の実技も多く、ごまかしが効かないテストも多くて結構辛かったけど、まぁ友達のお陰もありなんとか乗り越えた笑

 

こうやって、大学がつまらなくても、大学に行く意味を自ら作り出すのもありだと思うんだ。

 

まぁ、ちょっと話がづれてしまいましたが、

今の受験生に大事なこと。

 

  • 何故その大学に行きたいのか?
  • その大学でなにモノになりたいのか?

 

を考えた方が良い。

まぁ、難しいと思うけど、大学が全てじゃ無いし、仮に頭悪い大学行っても、その大学生活次第ではいい就職先に、行きやすくなるし。

 

大学が人生全てじゃ無い。

 

とりあえず、今を一生懸命に頑張ろう。

 

 

 

自分の最近ワクワクした出来事と自分の資質が共通していたことに気づいた!

 

f:id:hinata0918:20180112164110j:image

 

 

こんにちは!

就職活動の時よりも自己分析をしているダテカイです。

 

今日は、ダテカイの資質を生かした話です。

 

 

ストレングスファインダーによると、

僕の資質は、f:id:hinata0918:20180112161450j:image

 

こんな感じで、

頭脳活動をしたい

のと、

人に影響を与えたい

というモノを持っております。

 

 

僕は小さい頃、よく近所の友達と外で遊んでいました。

そこでよくよく考えたら、その遊び内容は既存の遊び(鬼ごっこやドッジボール)だけではなく、僕自身が考えた遊びも結構やっていて、みんなとめちゃくちゃ楽しんでました。

 

このことって、遊びを考えて(頭脳活動)、それをみんなで楽しむ(人に影響を与えたい)というものなんだと気がつきました。

 

最近遊んでワクワクした出来事といえば、

『カンパだけで生きる旅9日間』

と、

『フナキン万博(貴族の誕生日を一日中祝う)』

です。

 

カンパだけで生きる旅9日間とは、文字通り人からカンパしてもらったお金だけで旅をする企画です。

 

無一文で旅をするとか、その頃流っていたのですが、あまりワクワク感が感じず・・・

だって、人が丸々考えた遊びだし、せっかく旅してるのに旅先の美味しいモノとか食べられないじゃん!(まぁ、人にねだる作戦もあるが毎回毎回はキツイし。)

あと、企画の出落ち感が凄いかな?

 

そこで考えたのが、人からカンパしてもらうこと。

自分では一切お金を使わないから無一文でも変わらないと思ったし、皆さんを巻き込みたかったから(一人で淡々とやってもつまらないから)。

 

巻き込み方はこうした↓

カンパだけで生きるという企画の目新しいさを売り、カンパしてもらい支援してくださったみなさんに自分ごと化してもらう。

 

で、旅前と旅の途中、合計3万円くらいカンパしていただきました!w

むしろ、豪華な旅やった!w

 

これって、

頭脳活動(カンパだけで生きる旅という企画)→人を巻き込む(カンパしてもらい自分ごと化してもらう)

と捉えられます。

 

もう一つが、

フナキン万博。

 

これは、ある独身貴族の誕生日を祝おうという企画です。

 

企画詳細としては、貴族が一日中東京を動き回るというもので、

朝は、貴族のおうちでゲーム大会。

↓移動

昼は、バーを貸し切ってグルメ博。

↓移動

夜は、お洒落なスペースを貸し切ってパーティ。

 

を組み込み、多くの人に詰め寄っていただけました!(総勢40人以上はいったと思うw)

 

これも実は、

頭脳活動(フナキン万博の企画)→人に影響を与えたい(フナキンさんは人気なので色んな人が自ら動いて祝ってくれる)

 

っと言えると思いました。

 

 

僕がワクワクすることは自分の資質(脳内活動をしたい→その活動内容で人に影響を与えたい)と共通していることが分かりました。

 

これは将来絶対使えるな。

 

皆さんも自分の資質を研究してみてはいかがでしょうか?

では、またですʕ •́؈•̀ ₎

 

 

 

目はむき出しの臓器!?電車を利用する人は風邪に気をつけよ!

f:id:hinata0918:20180111191054j:image

 

 

こんにちは!

ダテカイと申します。

 

今、めちゃくちゃ風邪やインフルエンザが流行っています!

 

僕が今、風邪を引きたくない理由は、

卒業研究課題の提出があるのが第一で、

風邪を引くとなにも行動できなくなるのが本当に嫌なんですよ。

 

高校の時、風邪を引いて休んでいる人に向けて

「うわぁ、風邪引いてて休めるとかサイコーだろ!」

とか言っているヤツいたけど、さっぱり意味がわからなかったです。

別に、その人のことが風邪引いて可愛そうだから(これが一番ではないという意味です)という理由ではなく、

単純に、

授業ついていけなくなるし、課題溜まるから、嫌なことばっかじゃん

と思ってたからです。

 

僕が今、風邪を引く一番の原因だと思う原因は電車だと思ってます。

 

何故、電車がヤバイかと言うと、

密室空間で暖房が効いていて、換気がイマイチで空気が悪くて菌が増えやすいし、満員電車だと人が沢山いて、沢山の菌を持っている人がいる。

 

からです。

 

要注意人物は、

清潔感ないおじさんや、クシャミをするとき口を押さえないおばさんです。

本当にこの人たちは周りが見えない。

 

なので、僕は絶対マスクを着用しています。

 

ある時。

 f:id:hinata0918:20180111185444j:image

Facebookでこんな感じで呟いたら、

 

f:id:hinata0918:20180111185138j:imagef:id:hinata0918:20180111185419j:image

 

など来て、電車の中は危ないと改めて分かったし、なにより目からが感染しやすいってのを聞いてひっくり返った。

 

f:id:hinata0918:20180111185627j:image

 

どうやら、目はむき出しの臓器らしい。

 

まぁ、目は予防しにくいので、身近なマスクをするとか、家に帰ったらうがい手洗いを心がけるようにしています。

 

意外と、手を洗わない大人いるからね笑

そんな大人は嫌いだ。

 

まぁ、身体は資本なので、後でめんどくさいことになる前に、今、めんどくさいことをやってしまいましょうね!

 

それでは〜ʕ •́؈•̀ ₎

知らず知らずに 自分に言い訳して 自分に可能性を 残してませんか?

f:id:hinata0918:20180110212120j:image

 

こんにちは。

ダテカイです。

 

今回は久々に『嫌われる勇気』(岸見 一郎, 古賀 史健 著)を読んで、気になった文章について考察しました!(やっぱりオモロイ!)

 

少しくらい不便で不自由なところがあっても、いまのライフスタイルのほうが使いやすく、そのまま変えずにいるほうが楽だと思っているのでしょう。

 

いろいろと不満はあったとしても 、 「このままのわたし 」でいることのほうが楽であり 、安心なのです 。

 

ライフスタイルを変えようとするとき 、われわれは大きな 〝勇気 〟を試されます 。

 

わたしの若い友人に 、小説家になることを夢見ながら 、なかなか作品を書き上げられない人がいます 。彼によると 、仕事が忙しくて小説を書く時間もままならない 、だから書き上げられないし 、賞の応募に至らないのだそしかし 、はたしてそうでしょうか 。実際のところは 、応募しないことによって 「やればできる 」という可能性を残しておきたいのです 。

 

ここらから共通して言えるのは、

行動しない人は、何らかの言い訳を作っているんだと思います。

 

「仕事がなかったらなぁ、おれもブログ続けるんだろうなぁ」

とか。でも、仕事やっていても書けるのに、いつまで経ってもブログ書かないとか・・・

で、何故やらないか聞くと、次は違う言い訳を用意したりと・・・

 

別に辞める辞めないに限らず、そういう人は自分に可能性を残したい!

っという文を読んで腑に落ちました。

 

たしかに仕事をやめたり、新たな一歩を踏み出すのには壮大な勇気がいると思います。

 

別の例でいうと。

 

ホリエモンさんはR1グランプリの本選出場を現在目指しています。

 

こうやって、呟く人ってのは心のどこかで

「〇〇に教えてもらえば私だって〇〇できるんだよ!」

とか、絶対どこかで思ってます。

「〇〇さえあれば、私だって」

っという可能性を残しています。

 

その〇〇さえあればという前に

あなたは努力したのか?

覚悟はあるのか?

 

っと問いたい。

 

結局、自分で勇気を出して前に進まないと、何も変わらないし、問題を先延ばしして、色々理由を作って人生終わってしまう。

 

自分も知らず知らずにこういう言い訳しているので気をつけます!!

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

では、またねʕ •́؈•̀ ₎

思い出話とかどうでもいい。未来の話しをしている時が一番ワクワクする!

 

こんにちは。ダテカイです!

 

 

ヤギペーさんというブロガーの方がこんなことを呟かれていました。

 

僕も1番の資質が未来志向で、

「シェアハウス建ててみたり、外国を訪問したり、将来何を仕事にしているんだろうか?」

っと、未来のことばかり妄想しちゃってます。

 

忘年会なんかも歳の近い近い友人に誘われたりしたのですが、人数が多い飲み会はちょっと断るようにしています。

周りガヤガヤしちゃって話しにくいし。

 

なにより、過去の話はあんまり興味沸かない。

「将来これやりたいんだ!」

とか

「今、これやってるんだっ!!」

とか自信持っている人と話すのがワクワクするので一番好き。

未来について話し出したらもう止まりません。

 

あ、でも過去の話気になる人もいるので、そこは例外ですよ☆

 

 

今は、卒論が忙しくて関東からは出られていません・・・

終わったら、ソッコーで関東から抜け出しますよ!

 

あ、また未来のこと考えてる・・・。

 

f:id:hinata0918:20180109231812j:image

内面的な価値に着目せよ!

 

『お金2.0』という本に書いてあった、若者よ、内面的な「価値」に着目せよ

 

という章の一部について。

 

人間の内面的な価値に関しては、現在の資本主義の枠組みでは上の世代が認識しにくく、ここには大きなチャンスが存在しています。この内面的な価値には、共感・熱狂・信頼・好意・感謝のような種類があり、わかりやすい現物があるわけでもないので非常に曖昧です。ただ、確かに多くの人がそれに価値を感じて、経済を動かす原動力になっています。ゲームに課金したりライブ配信する面白い人にアイテムを投げたりするお金の払い方に、シニア世代は当惑することがあると思います。これらは既存の経済で扱ってきた使用価値ではくくれない価値だからです。年配の人ほど、経済的な価値とは製品やサービスの使用価値・利用価値だという考え方を持っています。ここにチャンスがあります。

 

っと書いてあった部分から考察。

 

僕も実は、大学3年生くらいまでパスドラというアプリに毎月5千円くらい課金をしていた。

 

高校生の頃は、

「なんでみんな無料ゲームで課金するんだろう?」

っと思っていた。

 

パスドラというアプリには、

熱狂(友達と競う)や好意(ゲームの面白さ)や信頼(レアガチャで珍しいモンスターが当たる確率においてや強くなれる保証)があった。

 

だから、僕は課金をしていた。

 

僕は未だに、ショールームとか17Liveで課金する人の意味がよくわからないのですけど、これもポルカとかクラウドファンディングと同じ意味なのかな?(人を応援したい!や、自分のできなかったことに挑戦している人を自分の代わりに成し遂げてほしいという気持ち)

 

そのうち分かるようにはなると思うんですけどね!!(17Liveに関しては、投げ銭すればするほどレベルが上がりやすいからゲーム感覚で投げ銭しているのかも)

 

とにもかくにも。

自分の目的に向かって頑張っている人は応援されやすい時代にもなった。

ただ、がむしゃらにやればいいわけではないけども。