承認欲求まみれのダテカイプロフィール

f:id:hinata0918:20180623172933j:image

どうも!当ブログ『20代の損しない生き方』の執筆者・”ダテカイ”(イワダテカイ)の詳細プロフィールです! 

 

これを読めば、ダテカイがどんなやつか分かります!

 

ダテカイって何をやっている人?

新卒サラリーマン&ブロガー。本名は、イワダテカイ。覚えやすいあだ名でダテカイと名乗っています。

 

生まれも育ちも埼玉県。

1995年7月9日生まれ。

話をしていて、会話にならないヤツとはだいたい分かち合える。

 

大学3年生の冬にずっと続けていたサッカーを急に辞めて、急に暇になり情報発信をし始める。その後、色々なことがあり、22年間住んだ埼玉県を離れて、今はなぜか大阪に住んでいます。

 

次の章から『とにかく人に認められたかったこれまでのダテカイの不完全燃焼のサッカー人生』について振り返ってみました。

 

人に認めらないととことんやる気が出なくなる不完全燃焼時代

f:id:hinata0918:20180623170641j:image

(大学の頃の写真)

 

ダテカイはとにかく普通の人間です。今もそうだと思ってます(ホントに)。

 

普通だったがゆえに、とにかく目立ちたがり屋で人からあいつはすごいやつだって認められたい人間でした。

 

小学生から大学3年生までずっとサッカー一筋でした。

ポディションはキーパーです。

 

小学校の頃は、小さいチームで活躍も沢山できていたので、本当にサッカーが楽しかったです。

『お前はチームに必要だ』と認められたのがわかっていたからですね。

 

ですが、中学校に入ると部活ではなく、全国大会に出場経験のある強いサッカークラブに入りました。

なんとなくクラブの監督に

『うちのチームに入らないか?』と言われ入りましたが、練習はハードだし、試合中の1軍の人たちはすごく怖かったのを覚えています。

 

その時はすごく頑張っていたので、たまに1軍の試合に出させてもらう機会がありました。が、本音をいうと1軍と一緒に試合に出たく無かったし、試合すらやりたく無かったですw(なんでサッカーやってたんだろう・・・)。

別に僕じゃなくても他にもうまい人がいたからです。

 

 

埼玉県でベスト16くらいの高校に入りました。ですが、キーパーでは致命的な身長が低い(160cm)ことを理由に大事な試合に出る機会がほとんどなかったです。(言い訳言ってすいません。)

チームメイトからはまぁまぁ認められていましたが、監督には全く認められませんでした。

だからだんだんやる気もなくなり、3年生では超ハードな合宿も上手く手を抜いて、筋肉痛にならなかったのを覚えています(ゴメンナサイ)。

 

完全に挫折した僕でしたが、大学に入り急にサッカーがまたやりたくなりました。

ですが、キーパーは飽きたのでFWにポディションを変更しました。あまり出場機会は無かったですが、公式戦で1点決められたことは今でも覚えています。

ここではストイックになろう思わず楽しんでやっていましたが、燃焼したかと言われれば不完全燃焼でした。

 

そこで、改めて自分の人生を振り返り、

これが自分なのかな?もっと、自分にあった楽しいことがしたい!そして、あわよくば認められたい…

と思い、大学のサッカー部を辞めました。

 

そんなダテカイがサッカーW杯2018の日本戦の見所だったところを初心者にもわかりやすく解説しました。

 

今の自分を変えようと思ったきっかけがホリエモンの『本音で生きる』という本を読んだ

f:id:hinata0918:20180623170838j:image

大学3年生のときに

『これが自分の人生?残りの大学生活1年間を損したくない!』

とおもい、サッカー部を辞めました。

 

そこで、普段素通りしていた本屋さんで立ち止まり、ホリエモンの書いた『本音で生きる 1秒も後悔しない生きかた』を読みました。

そこには、

 プライドはなくなったほうが、みんなに愛される。確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。

 逆に「すごい自分でいなければいけない」とか「相手に嫌われたらどうしよう」と思って、プライドが高くなると、結論として、相手が自分の側に来づらくなる。そう思わないだろうか?

 

と書いてありました。

 

僕は昔から凄く人の目を気にしている性格で、

『何か面白いことがしなきゃ!』『これやったら嫌われる!』っと常に思っていました。つまりみんなから認められたかったのです。

 

そこで”本音を生きる”を読んで、

 

人目を気にして嫌われることが怖くて、何か行動できないのは可愛い自分を守りたい証拠。つまり自意識過剰であり、プライドが高い証拠なのか。

 

と、考えを持ち始めました。

 

 

大学1年生の時から僕はなんとなく将来、”起業して個人で生きていきたい”と考えていたので、これから個人で生きられるようになるという目標に向かって本格的に動くいいチャンスであると思いました。

 

そこでまずは個人で稼げる力を身につけようと思い、簡単に始められる”ブログ”を始めることにしました。

 

SNSに始めてブログを公開した日

f:id:hinata0918:20180623170926j:image

 

ブログを書いて、ただ記事を公開するだけではブログって見られないものなのです。もちろん検索して見てもらう方法がありますが、初心者だったのでそんなことも考えられませんでした。

 

どうやって見てもらおうかと考えたときにツイッターで公開する考えに辿りつきました。当時、僕のツイッターのフォロワーは300人くらいいて、友達がほとんどだったので公開するのに凄く緊張したのを今でも覚えています。

 

感覚的には”好きな子に告白する”くらいw。

でもよくよく考えたら、誰かに振られる訳でも無いんだし公開した方が得だよね?

 

という考えになり公開しました。

 

公開いてみると、僕に直接ブログに触れて来る人はほとんどいなかったし、悪口を言ってくる人は一人もいませんでした(陰では言われているのかもしれないけどw)。 

 

結局、人は意外と自分のことを見ていないんです。その人のことだけをずっと考えられるなんて人はいないし、時が経てば人のことなんて忘れてしまいます。

 

でも、ここで何か言われてやめるのであれば、”結局その程度のものだった”ってことだと思っていたので、人から何か悪口を言われても僕はおそらくブログを続けていましたね。

 

ブログを公開して続けると段々と自分のことが好きな人に認められるようにフォーカスすればいいのか。』という考えになりました。

 

人の評価を気にしない考え方を僕は意識しましたが、どうしても意識してしまいます。なので、

”自分の本能に従う・ムリをしない”

 という、考え方にシフトしました。

そこでまた考え方が変わったら、それでいいじゃないですか。

 

ダテカイの世界が広げてくれたHIUという月額1万円のコミュニティ

僕は次にホリエモンの『99%の会社はいらない 』という本を読みました。

そこには”堀江貴文イノベーション大学校(HIU) ”通称HIUというオンラインサロンについて詳しく書いてありました。

月額1万円とものすごく高くて、誰がいるかも分からなく、周りの友達にも聞けないので入会までに2ヶ月もかかってしまいました。

1ヶ月間入ってみて、つまらなかったら辞めようと決心して2017 年3月に入会しました。

 

 

入ってよかった〜!

  

★HIUの概要★

堀江貴文による会員制オンラインサロンです。メインのFacebookグループに加え、約30個の分科会グループで構成され、その中でメンバーは自身のやりたい事をカタチにしていきます。ビジネスも遊びも、とにかく全力で望むやる気のある人たちが集い、交流し、新しい価値を生み出していく場です。

 

イナズマのように衝撃が走った人たち

大学3年生の3月にHIUに入会して初めてイベントに参加したときのことを今でも覚えています。そこには今でも忘れられない、様々な人たちがいました。

 

  • いくつかの自分の趣味を組み合わせて、自分の価値を高めて本当に”趣味を仕事にしている人”
  • サラリーマン時代に毎晩お酒を飲み歩き、ついに独立して日本酒の会社を設立した”唎酒師”
  • ”ブログとユーチューブ”で暮らしている人
  • 自分の誕生日会に総勢40人集めちゃう”スーパー会社員”(今度会社辞めるそうですw)
  • 海外から来た観光客を喜ばせたいと思い、忍者の格好をして写真を撮る”忍者フォトグラファー”
  • クラウドファンディングで400万集めてバーを立てちゃうカリスマ的な”コミュニケーション能力持っている人”

 

もちろん僕と同じ、これからの生き方について悩んでいる人も沢山いました。

 

僕はこんなに楽しい世界があると知り、イベントの帰りに一人でニヤニヤしていました(まじで気持ち悪かったと思いますw)。

 

そこから怒涛のダテカイラッシュが始まりました。

 

初めてHIUでイベントを開催して1万を稼ぐ

f:id:hinata0918:20180623171522j:image

HIUに入り、『趣味を仕事にするためのイベント』というその名の通りのイベントだったり『会社やめようナイト』という今の自分の会社に価値はあるかを話し合う(当時大学4年生w)などの沢山のイベントに参加して来ました。

ただそこで強く思ったことが一つあります。それは、

 

結局、資本主義はどこも同じ。

 

HIU月1万円払っているけどイベントに参加するたびに主催する方の労力や場所代がかかっているので、参加する側はイベント参加費を払います。

結局、僕みたいに世の中に何も生み出していなかった人は、残酷な言い方ですがお金を消費する側のままなのです。

 

じゃあまずは稼げなくてもいいから、何か自分で価値を生み出すためにイベントをしようと考えました。

 

そこで開いたのが”普通の人ナイト”というイベントです。

当時は

『HIUには普通の人なんていないでしょう』と言われましたが、”普通の人・ダテカイ目線”だと、自分が普通の人だと思っている人は結構いると思いました。

 

普通の人って、自分よりすごい人(まぁ色々定義はありますが・・・)と話すのは、結構緊張するんですよ。

「こいつ面白く無いやつだな・・・」

「こいつ浅い人間やな・・・」とか思われるのが、嫌で自分のことを話せずに終わってしまうのです。

 

そして、自分にはこの世界(HIU)はやっぱりハードルが高かったから辞めちゃう人がいたんですね。

でもこんなに面白い世界を知らないでは辞めてしまうのは勿体無いと思い、普通の人たちだけ集めてアウトプットできるキッカケを作ろうと思い始めたのが”普通の人ナイト”なのです。

 

そしたら、意外と人が集まり、その日イベントを儲かったのが1万5千円でした。

こんなに楽しいイベントだったのにお金なんてこんなにもらっていいのかな?

 

と正直後ろめたい気持ちにはなりましたねw 

でもこれが好きなことだお金を稼ぐことなんだ”って学べました。

 

HIUに入ってからアルバイトも減らしてお金に困っていましたが、HIUの月額1万円をHIUで稼げば実質ただじゃね?

と思い、そこから7回くらいイベントを開いてHIUの月額分のお金を払っていました。

 

資本主義の仕組みを少しでも勉強できたのは今の自分の強みとなっています。

 

★関連記事★

<HIUに入ろうか悩んでいる人必見>普通の大学生がHIUに入ってから1年経って分かったメリット

 

ヒッチハイクは資金0円で簡単に始められて1歩踏み出すのに手っ取り早い

f:id:hinata0918:20180623171832j:image

資本金0円で簡単に始められて、1歩踏み出すのに手っ取り早いのが”ヒッチハイク”です。

僕は過去にヒッチハイクで

  • アポなしでラジオ局に行って、ラジオに出させてもらった
  • お祭りのためだけに埼玉県から1日かけて香川県にいく(初めての野宿w)
  • キングコング西野氏の出版記念パーティに名古屋まで行き、その日の寝床を探していたらホテルをおごってもらった
  • 埼玉から福岡県に9日間かけて、人からお金をもらって生活しながら旅をする

という経験をしました。

 

ヒッチハイクのいいところは、

  • 選択肢がシンプルである
  • 計画⇨実行⇨評価⇨改善が高速でできる
  • 車がなかなか捕まらない時のどうしようもない感がたまらない(Mなのかな?)

です。

 

ヒッチハイクをスタートしてしまったら、戻るにも戻れない状況になるのでやるしかない状態になるんです。1度飛んでしまったら元に戻れないバンジージャンプと同じ状況です。

 

何か行動したい人には、ヒッチハイクは資金0円でエキサイティングなことだらけで第1歩を踏み出す手っ取り早い方法です。

 

ちなみに過去50回以上車に乗せてもらいましたが、危険なことになったことはありません(が、自己責任でお願いしますw) 。

 

★関連記事★

超簡単!ヒッチハイク50回以上の経験者が教える、初心者でもヒッチハイクで東京〜大阪まで簡単にいく方法!

 

ただの普通の大学生がクラウドファンデイングを公開後、3時間半で目標金額に達成した話

f:id:hinata0918:20180623171954j:image

2017年大学4年生の夏に、僕はキングコング西野氏のクラウドファンディングのリターンにあった、革命のファンファーレの出版記念パーティに参加できる権利を2万円で得ました。

二万円で西野さんの出版記念パーティーに参加する権利を得ました。 - 20代の損をしない生き方

 

参加した理由は、

『2万円という大金のかかる出版記念パーティに参加しちゃう人って超絶面白い人しかいないじゃん』と思ったからです。

 

ですが、やっぱり2万円はアルバイトもサボり気味な僕にとってとても痛かったので何か回収する方法はないかと考えました。

 

そこで、西野氏のクラウドファンディングのリターンをもう一度見てみると、

”出版記念パーティに参加できる権利”ともう一つ”革命のファンファーレが7冊がもらえる”というリターンがついているのに気がつきました。

 

その時に

僕がクラウドファンディングをやって、そのリターンに本を付けちゃえばいいんだ!

 と考えました。 (このあと本人から直接話を聞いたのですが、実はこの方法を狙っていたらしいwおそるべし・・・。)

 

本だけだと買ってくれないと思ったので、

革命のファンファーレ+自分の武器

 を3000円(クラファンリターンの最低金額)で出しちゃえばいいと。

 

そうすれば

3000円×7=21000円

 

元取れちゃうじゃないか!!!

 

と思い、ドキドキしながらクラファンを立て、決行したら開始3時間半でサクセスしました。

以上なスピードでサクセスしてしまい、逆にリターンが無くなってしまうという事故が発生してしまいました。

 

★クラウドファンディングの簡単なストーリーはこちら↓★

クラウドファンディング成功のご報告 - 20代の損をしない生き方

 

クラウドファンディングの面白いところって、企画者が普通の人でも援助していただけることなんですよね。いや、本当に夢がある。

もちろん若さが武器になったのは重々承知しております。

ですが、ただ闇雲にやったわけではなく、毎晩毎晩興奮しすぎて寝れなくなるほど考え抜いた結果がこうやって成功できた1つの要因だと思っています。

 

2019年、大阪に拠点を移動し、新卒サラリーマンになった

f:id:hinata0918:20180623172041j:image

「就職活動していたの?」ってよく聞かれますが、実はサクッと終わらせていました。

 

★ダテカイ流就職活動↓★

就職活動をするなら無駄を徹底的に省いて自分を磨き、ゲーム化をしてしまおう! - 20代の損をしない生き方

 

冒頭でもお伝えした通り、僕が大阪にいる理由は会社の勤務先が大阪になったからです。

サラリーマンになった理由は、1日ついやすほど好きなことがなかったからです。

 

暇つぶしとまでは言いませんが、ダラダラフリーターで過ごすよりかは会社員になって何か1つでも多く自分の力になればと思ったからです。

 

サラリーマンになってよかったことは金銭的に余裕が持つことができたことです。

金銭的に余裕が持てるようになったので、生活に安定感が出てきてお金に関して不安に思う機会が減りました。

 

あとは、会社のリソース(家賃はほぼかからない・徒歩出勤)で大阪で一人暮らしでき、通勤に時間がかかりません。

さらには、大阪のHIUの会員制のバーにも沢山遊びに行けるようになりました。(相変わらず面白い人ばかりw)

 

ネットを探っていると、会社は悪いことばかり書かれていますが決して悪いことだけではないのです。

 

 

ダテカイが個人で生きるために

僕の今のところの目標は、何不自由ないくらい個人でお金を稼いで生活できることです。

意外と僕は保守的です。その目標が達成した後は何も特に考えていませんが、きっとやりたいことが見つかります。

 

僕の不自由ないという定義は、

  • 時間に縛られない
  • 移動したいときにすぐ移動できる
  • たまには美味しい食事ができる

です。

だから家が欲しいとか車が欲しいとかそんな欲はありません。

だからそんなにお金を稼がなくても良いのです。

 

ですが、僕は特段好きなものがありません。

でも、楽しいという感情は何をやるのにでもあります。

それは作業(遊び)をしていて時間が過ぎるのが早いと感じたです。つまり没頭していたときが一番楽しい時間なのです。

 

今のところ没頭するのに手っ取り早いのがブログです。

なのでこれからも続けていくし、僕が他の事業をやるときに手助けしてくれるのがブログだと確信しています。

だから今、好きなものが特になくてもブログはやったほうが得なのです。

 

このブログで発信すること

f:id:hinata0918:20180623172123j:image

このブログは雑記ブログです。テーマは20代で損しない生き方”です。

物事を損得感情で決めるのは僕自身、あまり良いとは思っていませんが、思ってしまうのは仕方がないです。

だったら、”自分の本能に従え・ムリをしない”精神。変わったら変わったでそれは良いことだと思っているし、考え方を変えようと思って変わらなかったらしょうがないのです。

 

みなさんには

『こういう考えもあるのか・・』

とか

『自分の生活に損している部分があった・・・』

など知ってもらえればと思っています。

若い人には先人の考えを学んでもらって、できる限り自分と同じ損して欲しくないのです。

 

まぁ『失敗から学べ!』といいますが、失敗しないほうがそりゃ良いでしょ・・・。

今更、自転車が欲しいからって自分で自転車を作る人なんていないですよね?

そのためにも情報をしっかり持ちましょう。

 

だから僕自身で損しない生き方を考え、身をもって体験し、損しない生き方を記事にしていきます。

  • 20代を損しないための考え方
  • 健康(主に食事)
  • お金

が中心になります。

みなさんぜひお付き合いくださいね!

 

ダテカイの性格

お疲れ様ですw

最後にダテカイの性格について書いていきます。

 

  • 常に先のことばかり考えている⇨集中力が低い
  • 常に人のことばかり考えている⇨人の評価が気になってしょうがない(これも変えようと思いましたがもうムリをするのはやめましたw)⇨人に認められると力が増す
  • ストイックになりがち⇨常に一番になりたいと考えるため、やる気がなくなると無気力になる
  • 仮説を立てて実行するときに目が輝いている⇨この時は人の話を聞かないのでとんでもない失敗をするときがある
  • 常に考えをまとめようとしている⇨情報処理に時間が掛かっているので人の話を聞いていないときがある
  • 究極のせっかち

 

つまり、マルチタスクは極端に苦手です。あと、一緒に人と仕事する(人にペースを乱される)のも苦手です。

自分で仮説を立てどんどん実行するときが一番好きな瞬間です。

 

 

ダテカイから一言

f:id:hinata0918:20180623172354j:image

(LINEのトップ画像風)

 

僕はこれまで、人に認められることをエサにして生きていました。

ですが、何人に嫌われても自分のことが好きな人(=自分のどこかしらを認めてもらっている人)に喜んでもらえればいいという考え方に変わりました。

 

この考え方になったおかげで素直な自分を表現できるようになりました。

自分に素直になるだけでも目の前の世界は変わります。

これからも自分の目の前の世界を変えていきます。

 

僕から言いたいことは以上です。

 

みなさん、お疲れさまです。最後まで読んでくれた方、心から愛しています!!!!今後ともブログをよろしくお願いします!!

サッカーロシアワールドカップ日本代表選、コロンビア戦から始まりベルギー戦までの全4試合、全てかっこよかった!

f:id:hinata0918:20180704220518j:plain 

こんにちは!サッカー歴13年のダテカイです。

 

2018年の6月からロシアで開催されたワールドカップの日本代表の試合を見ましたか?

 

僕はワールドカップの予選リーグの第1試合コロンビア戦から、決勝トーナメントの1回戦のベルギー戦まで見ました。

もちろん、他国の試合も余裕があるときに見ました。

 

本当にサッカーワールドカップの予選リーグでコロンビア戦から始まり、セネガル、ポーランド、決勝トーナメントのベルギー戦までの全4試合、全ていい試合でした!

 

今までで一番見ごたえがあった試合だと思います。

初戦のコロンビア戦なんて視聴率50%越えで国民の半分は見ていたんですよ!

凄くないですかこれ?

 

今回は日本中が大盛り上がりしたサッカーワールドカップの日本代表の試合の中で、見所だったポーランド戦とベルギー戦をわかりやすく解説し、僕なりの意見を書きました。

 

※この記事を読めばあなたは、YouTube動画でサッカー日本代表の試合のハイライトシーンを見たくなることでしょう!

 

日本代表がポーランド戦で見せた、負けているのに攻めないサッカー

f:id:hinata0918:20180704213255j:image

 

ポーランド戦で、日本は先制点を決められてしまいました。

 

負けているのにもかかわらず、日本はポーランド戦との試合終了間際、決勝トーナメント進出を優先するために、なんと消極的なプレーを選択しました。

 

会場からは大きなブーイングが起きる異例の事態になっていました。

0-1と1点を追う日本は後半38分まで、1点ゴールを決めるために懸命に攻めをしていました。

ところが、38分くらいになると急に、パス回しをするだけで攻めようとしなくなりました。

なんとそれは時間稼ぎをするためだったのです。

セネガルが点を入れる確率は低かった

時間稼ぎをしたのは、別の会場であった同じワールドカップ予選グループのセネガルとコロンビアの試合が理由でした。

 

コロンビアが先制点を挙げてリードし、一時は3位になってしまった日本がセネガルを抜いて2位に浮上したのです。

 

ですが、セネガルとの差はわずかでした。勝ち点、得失点差、総得点のいずれもが並び、フェアプレーポイント(警告数)でほんの少し上回っているだけでした。

試合中、ゴールを決められたり、新たな警告や退場(イエローカードやレッドカード)を受ければ、再逆転される可能性があったのです。

 

 

日本が決勝トーナメントに進むためには、果敢に攻めるよりも守備に専念して、一点とられないようにしました。

そして、無理に攻めずにボールを取られなければ、危ないプレーをしなくて良くなります。

 

なので慎重なプレーを心がけて、コロンビアの勝利を待つという作戦に出ました。

 

試合に勝つのが目的ではなく、次のステージ上がることが目的であった

 

皆さんは、

『もし、ゼネガルが点を決めたらどうするんだ!』

と思うでしょう。

 

僕もそう思い、セネガル対コロンビアの試合を見ましたが、セネガルは点を決めなさそうだなと思いました。(今だから言えるのでしょうけどね(笑))

 

サッカーチームっていうのは、簡単にいうと生き物です。

点を決めたら、流れに乗って調子が良くなります。

 

日本は後半の最初のほうでポーランドに点を決められてしまったので、セネガルは0-0のまま守るだけで決勝トーナメントに進めたのです。

しかし、残りの試合時間10分くらいでコロンビアに点を決められてしまいました。

 

このときのセネガルの気持ちになって見てください。

ここまで格上相手に0点で抑えて決勝トーナメント進出も見えて来たのに、点を決められてしまったのです。

 

モチベーションは下がるし、焦りも出て来ます。

 

これを見てサッカー日本代表の西野監督は、攻めをせずパス回しに専念をして時間稼ぎをするという戦い方に変えたのでしょう。

 

 

 

 

これの上の図を見れば、攻めをせずパス回しに専念をして時間稼ぎをするという戦いの方が、決勝トーナメントに進める確率が高かったのは誰でもわかるはずです。

 

サッカー日本代表はポーランド戦の試合には負けましたが、ワールドカップ予選リーグに勝負には勝ったのです。

 

サッカーワールドカップの予選リーグでの目的は、試合に勝つことではなく、決勝トーナメントに上がることだったのです。

 

最後のワールドクラスのカウンターをしたベルギーは凄かった!

f:id:hinata0918:20180704213242j:image

予選リーグを2位通過した日本代表は、決勝トーナメントの1回戦、ベルギー代表と試合をすることになりました。

 

ベルギー代表はなんと世界ランク3位という、超強豪国です。

 

その相手に前半0-0で折り返しました。

もうそれだけで凄いです。

 

凄かったのは日本のディフェンスです。

シュートはベルギーに沢山打たれていましたが、日本のディフェンダーが相手との間合いを詰めて、相手のシュートを体に当てに行ってはじき返していました。

 

簡単そうに見えて、シュートブロックはすごい大変なんですよ。

 

まずはボールを見て、それと同時に相手を見て、味方の位置を把握します。

なんと3方向も見なきゃいけないんです。

 

そして、それを45分間集中し続けたデイフェンダーは凄くかっこよかったです。

 

その集中力あってか、前半を無事0点に日本代表は抑えました。

ですが、後半は前半とは打って変わり、ゴールの取り合いになったのです。

 

なんと先に、日本が2点決めたのです。

 

ですが、そのあとにベルギー代表のフェライニという長身の選手を入れたときに試合の流れが大きく変わってしまいました。

 

立て続きにベルギーに2点を決められてしまいました。

 

その後、なんとか日本は相手に食らいつき、このまま2-2の延長戦に入ると誰もが思っていました。

ですが後半ロスタイムに、ベルギーのワールドクラスのカウンターにあってしまい点を決められてしまいました。

 

 

こんなカウンター食らったらひとたまりもないですよ。本当に、あっぱれです。

 

ベルギー戦で見せてくれた『あと一歩だったのに・・・』が実は大きな壁である

f:id:hinata0918:20180704212823j:image

 

僕は、あの本気のベルギー相手にもう一回戦ったらまた負けると思っています。

 

日本は、チーム力(組織力)で決勝トーナメントまで上りつめたと言ってもいいくらい、チーム力が高かったのです。

 

『あと1歩だったね』って、ここまで組織力高めたのに勝てないってあとはどうすればいいんだろうって、僕も正直思いました。

 

青い侍が、赤い悪魔を本気にさせたってことでもうそれは本当にすごいことだと思います。

 

カウンターがうまいチームが勝ち上がっている印象 

 

話は脱線します(自分が話したいだけです(笑))。

 

最近のサッカーは、パスをつないで攻めるよりも、守って速攻で攻めるという印象があります。

相手が攻めている方が、相手の守備が手薄になるので、実は攻めやすくなるんです。

 

日本代表も、コロンビア戦や、ベルギー戦で鋭いカウンターからゴールを奪っていました。

 

ベルギーやフランスも、カウンターからゴールを奪っている印象があります。

 

見ている限りでは、カウンターがうまいチームが今回のW杯では生き残れるのでしょうね

 

ダテカイはフランスが優勝すると予想

何度も言いますが、

本当に今回のサッカーワールドカップの予選リーグでコロンビア戦から始まり、セネガル、ポーランド、決勝トーナメントのベルギー戦までの全4試合、全ていい試合でした!

 

今までのワールドカップで一番見ごたえがあった試合だと思います。

 

ただ、現時点でまだワールドカップは終わっていないので、これからも見ますよ!!

 

みなさんは、サッカーワールドカップ2018はどこが優勝すると思いますか?

 

ダテカイはフランスなんじゃないかと思ってます!

 フランスの驚異のカウンターは、他の国からしたら本当に驚異です。

 さっきまで攻めていたのに、いつのまにか点を取られているわけですからね笑

 ただ、1つ心配なのはフランスの選手同士が噛み合っていない印象です…。

 

でも、なんとかなるでしょう!笑

 

では、以上です!

 

 

ダテカイ って何者?

超簡単!ヒッチハイク50回以上の経験者が教える、初心者でもヒッチハイクで東京〜大阪まで簡単にいく方法!

f:id:hinata0918:20180624182917j:image

 

こんにちは、ヒッチハイクで北は仙台、南は佐賀まで行ったことのあるダテカイです!

 

この記事を見ている方は少なからずヒッチハイクに興味があって読んでくれているのだと思います。

 

この記事では、僕がヒッチハイクを過去50回以上経験してきた中で『初心者でも東京から大阪まで簡単にいける方法!』をまとめました。

誰でも本当にサクッとうまくいきますよ!(夜行バス代なんて勿体無い)

 

ダテカイも最初は東京から大阪に向かうときに、途中で真っ暗になってしまい、夜は全然乗せていただけない経験を何度もしました・・・(図々しいw)。

『ヒッチハイクはやりたいけどできるだけラクをしたいあなた(そしてダテカイ)』

にとっておきの方法があったのです!(早く知っておけばよかった・・・。)

 

 

ヒッチハイクとは?

ヒッチハイク(英語: Hitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。 この方法で旅することをヒッチハイキング(Hitchhiking)、旅行者はヒッチハイカー(Hitch hiker)と呼ばれる。

 ひょっとしたらみなさんのヒッチハイクのイメージは、親指を立てて車が止まってくれるのを待つのを想像しているかと思います。

実際には、スケッチブックや段ボールに行きたい目的地を書いて車にアピールすることになっています。

 

ヒッチハイクすることのメリット

f:id:hinata0918:20180624183401j:image

ぼくはヒッチハイクをしていて沢山のメリットを見つけました。

その中で厳選した3つのメリットを紹介して行きます。

 

交通費が浮く

 

これは誰もがわかる一番のメリットだと思います。

ただぼくのやり方だと少しだけお金がかかってしまいますが、それでも夜行バスと比べたら圧倒的に安いです。

 

いつ着くかもわからないし、本当に目的地に行けるかすらわからない、何もかも想像がつかないというゲーム感覚がとっても癖になってしまうのがヒッチハイクの魅力なのです。

 

話のネタになる

若い子からしたら、

『話のネタなんかもって意味あるの?』と思うかもしれません。

ですが、あなたが例えば起業家さんとか、同じ学校の人を惹きつけたい相手がいるとします。(好きな女の子にはやめた方がいいかも・・・)

 

大体の人はヒッチハイクをしたことがないので、あなたがヒッチハイクでした経験などの話をすれば、相手が自分の虜になってもらえます。

 

ぼくは、今までのヒッチハイクの経験談を直接人に話したり、ブログに書いていました。

そしたら実際に面白い人とたくさん会話できたり、今まで食べたことのないようなご飯をおごってもらえたりしました。

 

若いうちは経験をたくさんした方が良いという理由は、お金は使えば無くなりますが、経験は何をしても無くならないからです。

 

コミュニケーション能力と自信がつく

実際、ヒッチハイクで乗せていただけた方と車内でひたすらしゃべり続けることになります。

 

『自分から話さなくて気まずい雰囲気にならない?』

と思いますよね。

 

でも、大抵乗せてくれる方は、面白くて変わった方人ばかりなので、相手からしゃべりかけてもらえます。

 

大丈夫!今まで50回以上、人の車に乗せてもらっているダテカイが断言するのですから。

 

そこから、

『相手はどんな風に話しかけてくるのだろう・・。』

と相手とのコミュニケーションの取り方を勉強させてもらいましょう。

そうすれば、あなたもいつの間にかコミュニケーション能力がついています。

 

これは例外なのですが、たまに乗せてくれた方でも無口な人がいます。

でもその人はただの寂しがり屋な人です。

ただ車内に人がいるだけでいいという人なので、

『何か話しかけないと・・・。』

と、思い自分から無理して話しかけなくても大丈夫です。

 

あと、ヒッチハイクをやっていると自分に自信がつくようになります。

ぼくも初めてヒッチハイクをするときに、スケッチブックを掲げるのにすごくためらいました。掲げるのに20分くらいはかかりましたね・・・。

好きな子に告白する勢いで掲げると、

『やっと掲げられた!俺、すげー!!』と、感じて自分に自信がつくようになります。

 

この感覚は今でも忘れられないし、ヒッチハイクをやった人にしか分からない達成感が味わえます。

 

ヒッチハイクは本当に危険なのか?

f:id:hinata0918:20180624183232p:image

よく人に

「ヒッチハイクって本当に安全なの?」と良く聞かれます。

50回以上ヒッチハイクをしてきたぼくは一度も危険な目にあったことはありません。

 

ぼくも沢山のドライバーさんに

『なんで、乗せていただけたのですか?』と質問をします。

すると、

『君は優しそうな顔をしているからだよ。こっちも人の顔を見て判断しているからね。』

という返しがほとんどです。

 

このことはヒッチハイクする側にも同じことが言えます。

 

危ないと思ったら断る勇気を持ちましょう!

ぼくは断ったことないですが、この人は安心できるか必ず最初に人の顔を見ます。

乗せてもらう側なので図々しいですが、遊びで危険な目にあっては本末転倒ですからね。

 

ヒッチハイクではどんな方が乗せてくれるの?

『ヒッチハイクってどんな方によく乗せてもらうの?やっぱりトラックの運転手さん?』

とよく人に聞かれます。

統計を取っていないので、ぼくの肌感覚で、乗せてもらう回数が多い順でお伝えすると、

  1. 男性一人ドライバー(大半)
  2. 夫婦・カップル
  3. 子供連れ

です。

 

意外ですが、男性ドライバーの方が多いです。主に出張中で移動する方です。

 

トラックの運転手さんは残念ながら、運搬目的のためにトラックを運転されている方が多く、業務中なので人を乗せることが難しいのです。

企業によって厳しく見張られているトラックもあります。

 

僕自身、あまりトラックの運転手さんに乗せてもらったことはありませんが、トラックの運転手さんに乗せてもらった人はSNSの投稿は控え、とびっきりの感謝をしましょう。

 

ぼくのこれまでのヒッチハイクの経験

f:id:hinata0918:20180624183634j:image

  • 「埼玉県〜神奈川県(大磯)」(初ヒッチハイク)⇨湘南マジックウェイブの放送局にアポなしで友達と行き、なんとラジオ番組に出演させていただきました。
  • 「埼玉県〜新潟県(柏崎)」⇨友達のおばあちゃんの家に遊びに行きました。とんでもなく海が綺麗だった・・・。
  • 「埼玉県〜名古屋」⇨Facebookで知り合った人と一緒にぼくの友達の家に行きました。
  • 「埼玉県〜仙台」⇨友達と仙台の牛タンを食べに行きました(それだけw)。
  • 「埼玉県〜香川県(丸亀市)」⇨クラファンで『ダテカイと一緒にヒッチハイクできる権利』を6000円で買ってくれた方と一緒にホリエモン祭りに行きました。( 初野宿達成!w)
  • 「埼玉県〜名古屋」⇨革命のファンファーレ出版記念パーティーに参加するために行きました(ここではホテルを奢ってもらいましたw)。
  • 「埼玉県〜佐賀県」⇨人からもらったお金で生活する旅で9日間ゆっくり移動しました。
  • 「大阪府〜福岡県」⇨新卒サラリーマンでゴールデンウィーク遊ぶ友達もいなかったので暇つぶしで福岡に行きましたw。

 

これが今までのヒッチハイク歴史です。

目的地に向かっている途中で大阪を通るときは、大阪で一旦休んで、大阪で遊んでから目的地に向かっていましたw。

 

これだけ見るとヒッチハイクで乗せてもらった車は合計50台なんて普通に超えているんじゃないかな?

 

そんなぼくのプロフィールはこちら。

★あわせて読む↓★

www.kaikailog.com

 

 ヒッチハイクには2種類やり方がある

 ヒッチハイクには2種類のやり方があります。

  1. スケッチブックか、ダンボールに行き先を書いて、車にアピールするやり方。
  2. 止まっている車のドライバーさんに直接話しかけて、交渉するやり方。

 

スケッチブックかダンボールに行き先を書いて車にアピールするやり方

難易度:★★

乗せてくれるまでの時間:★★★

 

冒頭でも紹介した通り、スケッチブックかダンボールに目的地を書くやり方が一番簡単です。ダテカイもこちらを使っています。

メリット:

  • こちらから話しかけなくていいので、コミュニケーション能力がなくても問題ない。
  • 相手から止まってくれるので気持ちよく乗せてもらえることができる。

デメリット:

  • どうしても受け身になるので、乗せてもらえるまで時間がかかる。

 

止まっている車のドライバーさんに直接話しかけて、交渉するやり方。

難易度:★★★★

乗せてくれるまでの時間:★★

 

こちらは止まっている車のドライバーさんに直接話しかけて、交渉するやり方です。

ダテカイも実践したことありますが、本当に緊張しました。車が通る台数が少なければこちらの方法を使っています。

 

メリット:

  • 直接交渉なので、乗せてもらえるまでの時間が短い。

デメリット:

  • コミュニケーション能力と度胸が必要である。
  • 日本人の性格からか断れない人もいるので、ドライバーさんが気持ちよく乗せてもらえないパターンになることがある。

 

なので、ヒッチハイク初心者の方はコミュニケーション能力も度胸も必要のない、1の止まっている車のドライバーさんに直接話しかけて、交渉するやり方”をお勧めします。

今回はこちらの方法でヒッチハイクをするオススメの方法を紹介しますね!

 

東京から大阪までヒッチハイクで行くとびっきり簡単な方法

f:id:hinata0918:20180624183856j:image

(山道歩きすぎたので休んでいる様子)

 

ここまで、お疲れ様です。

ここまで長い前置きでしたが、ここからが本題。

東京から大阪までヒッチハイクで行くとびっきり簡単な方法を教えたいと思います。

 

ヒッチハイカーの聖地・用賀インター前から乗る方法はオススメしません!

渋谷駅から電車で約10分で到着する用賀駅があります。

 みなさん、あまり知らないかと思いますが、用賀インター前はヒッチハイカーの聖地とまで呼ばれています。

 

用賀インター前でのヒッチハイクをすると良いことのメリットは

  • 交通量が多い
  • 車が止まれる場所がある

 

ヒッチハイクの聖地「用賀」が初心者におすすめの場所すぎるので紹介したい | でこぼこあーと

ことです。

 

しかし、初心者からしてみると、どこでヒッチハイクしていいかわかりにくいのと、そもそも車が本当に止まってくれるのか、自信がない中でやる方が多いと思うのでオススメはしません。 

 

途中で挫折してしまうかもしれませんし…。

 

用賀インター前でヒッチハイクするのは自信がある方ですね!

 

初心者の方はまずは海老名サービスエリア(SA)からスタートしよう!

この記事を一言でまとめるなら、大阪行くなら海老名SAからスタートしてください!”です。

 

スタート地点を新宿駅からだとしましょう。

そこから小田急線で、海老名駅まで行きます。海老名駅からバス(25分・230円)または徒歩(40分)で、海老名SAまでたどり着けます。

ちなみに海老名SAは徒歩でも入れます。

f:id:hinata0918:20180624183727j:image

 

『結局電車乗るのか・・・。』と思った方いると思いますが、用賀駅まで行くのに電車使いますからね。

 

さらに用賀インターからスタートすると、待ち受けているのは渋滞です。

特に海老名サービスエリアの手間の湘南あたりは渋滞している時が多いので、時間がかかります。

 

ヒッチハイク途中で真っ暗になってしまい、中々乗せていただけなかった経験があるぼくからすると、渋滞はなるべく避けたほうがいいです。

 

なぜ、サービスエリアからヒッチハイクをスタートするのが良いのか?

では、なぜ下道からではなくサービスエリアからヒッチハイクをしたほうが良いのでしょうか?

 

それは、下道は色々な方面に向かって走っている方が多いからです。

だから必ずしも、高速道路に向かう車とは限らないのです。

 

ただでさえ、乗せていただける車は少ないのに、高速道路を走る車とは限らないので確立が低いんですよね。

 

それに比べてサービスエリアからスタートする場合は、高速道路で一方通行でみなさん全く同じ方向に進みます。

あとは乗せて頂けるか、頂けないかの世界です。

なので下道からヒッチハイクをする方法と比べて、サービスエリアからヒッチハイクをスタートする方法の方が、車に乗せていただける確立はぐーんと上がるのです。

 

これらの理由から、海老名サービスエリアからスタートする方法を僕は強くオススメします。

 

駐車場から高速道路に向かう一休み終わったドライバーを狙え!

f:id:hinata0918:20180624184127j:image

どんなドライバーを狙うのが良いと思いますか?

 

それは、サービスエリアで一休み終わったドライバーさんが、駐車場から高速道路に出ていくときに、アピールする方法が一番乗せてもらいやすいのです。

 

ぼくがオススメするヒッチハイクポイントは、人が立ち入ることができる限界まで足を運び、そこでボードを掲げてアピールする方法です(どのサービスエリアでも共通して言えます)。

 

今回は”海老名サービスエリア”を例にして見てみましょう。


f:id:hinata0918:20180624141855j:image

(海老名SAと車の進行方向を表しています)
f:id:hinata0918:20180624141848j:image

(ここがヒッチハイクポイント・ガソリンスタンドの近くです)

 

上の青くて丸い枠の中がヒッチハイクポイントです。

ここでは今までにたくさんのヒッチハイカーと遭遇しました。

つまり、ここはヒッチハイカーに人気ポイントであり、乗せてもらいやすいポイントということになります。

 

ボードには次のサービスエリアを書くべし

みなさん、ヒッチハイクポイントはわかりましたよね?

 

次につまづくポイントがボードには何を書けばいいのか?』

ということでしょう。

 

答えは、”次のサービスエリア名を書け!”です。

 

海老名サービスエリアの次は足柄サービスエリアなので、海老名サービスエリアで掲げるボードには、『大阪』ではなく『足柄SA』と書きましょう。

 

仮に『大阪』と書いたボードを掲げるとしましょう。

あなたは、

『大阪までじゃなくて、途中でもいいので連れていってください』と思うかもしれませんが、

ドライバーさんは、

『大阪か・・・途中で降りちゃうからな・・・』

と考えている間に通り過ぎてしまいます。

ドライバーさんに考える時間をあたえてしまうと、それだけ車は進んでしまい、後戻りできないため過ぎ去ってしまうのです。

 

しかし、次のサービスエリア(足柄SA)は海老名SAの近くにあるため名前をドライバーさんは知っているし、足柄SAを通る人も多いので乗せてくれる確立が上がります。

 

”ドライバーさんに考えさせない”というのが実は重要なポイントです。

 

乗せてもらえたら、だいたいドライバーさんは

『どこに行きたいの?』と聞いてくれるので、

『実は大阪まで行きたいんです!』と答えると

じゃあ、〇〇インターで降りるからその手前のSAで降ろしてあげるよ。』と言ってもらえます。

 

ヒッチハイクを50回以上やったぼくが試行錯誤して行きついだ作戦が”隣のSAまで連れて行って!”作戦なので安心してください。

 

忘れてはいけないのは、たとえ次のSAまででも、連れていっていただけるだけで幸せなことなのです。

 

SAに着いたらまた次のSAを書けば良いのです!

 

※ちなみに、足柄の次のSAは東名高速道路と新東名高速道路に分かれます。

ぼくはほとんど新東名高速道路を通るドライバーさんに乗せてもらうことが多いです。(おそらく長距離ドライバーは新東名高速道路を走ります。)

なので足柄SAの次は、『駿河湾沼津SA』と書きましょう!

 

この順番でサービスエリアを辿るべし

f:id:hinata0918:20180624184521j:image

海老名SAから大阪まで、どの順にSAを辿るべきか、もう全部書いてしまいますねw

  1. 海老名SA
  2. 足柄SA
  3. 駿河湾沼津SA
  4. 静岡SA
  5. 浜松SA
  6. 岡崎SA
  7. 刈谷PA
  8. EXPASA御在所
  9. 吹田SA
  10. 梅田(大阪)

 

ただ、刈谷SAから大阪方面は沢山分岐するので、思い切って大阪方面って書いてもいいかもしれません。

状況によって探してみてください!

 

調べ方は、グーグルマップで刈谷SAから吹田SAの行き方を検索して辿ってみて下さい!

 

パーキングエリアでは降りないこと!

補足ですが、パーキングエリアで降ろしてもらうことはオススメしません。

パーキングエリア自体小さく駐車場も少ないです。

狭く車の母数も少ないですし、トラックの運転手さんばかりで乗れる確率が少なくなります。

先を急ぐのではなく、着実に確率の高い選択肢を選びましょう。

 

海老名SAから大阪までの道順で、7番目に刈谷PAと書きましたが、このPAは例外的に大きいので刈谷PAは降りても大丈夫です。

 

ヒッチハイクをするキッカケを与えてくれた出来事

ぼくがヒッチハイクをするキッカケを与えてくれたのは出来事は、ホリエモンの”ゼロ---なにもない自分に小さなイチを足していく”(https://amzn.to/2lt2esM)という本を読んだことです。

”「小さな成功体験」を積み重ねよう”という章に書いてあった

好きなときに、好きな場所に、一円も使わず出かけられるフリーパスチケット。財布が空でも勇気ひとつでどこにでも行ける圧倒的な自由。この快感は、普通の旅では得られないものがある。

という、文章を読んでワクワクしました。

そして、周りの友人が楽しそうにヒッチハイクをしている姿を見て、

もう、やるっきゃない!

 と思ってヒッチハイクをしました。

初めてヒッチハイクをして、初めてラジオ出演させてもらったことは一生の財産です。

 

体験こそ、究極の財産なのです。

 

まとめ

f:id:hinata0918:20180624184259j:image

ここまで読んでくれた方、本当にお疲れ様でした。

初心者が東京から大阪まで、ヒッチハイクする簡単な方法はとにかく海老名サービスエリアまで行ってスタートしてくださいということです。

そして、

サービスエリアの出口に向かって、人が立ち入ることができる限界まで足を運び、そこでボードを掲げてアピールしてください。

ボードには、次のサービスエリアを書いてください!

 

これさえ守れば、長く見積もっても30分前後もすれば乗せてくれます。

無理だったら、工夫して見ましょう!何か欠けている点があるはずです。

 

最後に忘れてはいけないのは、

ヒッチハイクをする奴が面白いのではなく、ヒッチハイクしている人を心よく乗せてくれる人が面白いのです!

 

さぁ、最初の1歩踏み出してください。

上手くいきます。応援してます。

 

★関連記事★

八木ペーさんの記事はとてもヒッチハイクの時に助けられました。

100回して分かった、ヒッチハイクのコツ総まとめ | 八木仁平オフィシャルブログ

 

20代を後悔したくなければ、動きましょう!行動するだけで差別化できます。

www.kaikailog.com

 

自分がなにやりたいのかわからなければ、まずは自分のことを知りましょう!

www.kaikailog.com

 

承認欲求まみれのダテカイプロフィール

f:id:hinata0918:20180623172933j:image

どうも!当ブログ『20代の損しない生き方』の執筆者・”ダテカイ”(イワダテカイ)の詳細プロフィールです! 

 

これを読めば、ダテカイがどんなやつか分かります!

 

ダテカイって何をやっている人?

新卒サラリーマン&ブロガー。本名は、イワダテカイ。覚えやすいあだ名でダテカイと名乗っています。

 

生まれも育ちも埼玉県。

1995年7月9日生まれ。

話をしていて、会話にならないヤツとはだいたい分かち合える。

 

大学3年生の冬にずっと続けていたサッカーを急に辞めて、急に暇になり情報発信をし始める。その後、色々なことがあり、22年間住んだ埼玉県を離れて、今はなぜか大阪に住んでいます。

 

次の章から『とにかく人に認められたかったこれまでのダテカイの不完全燃焼のサッカー人生』について振り返ってみました。

 

人に認めらないととことんやる気が出なくなる不完全燃焼時代

f:id:hinata0918:20180623170641j:image

(大学の頃の写真)

 

ダテカイはとにかく普通の人間です。今もそうだと思ってます(ホントに)。

 

普通だったがゆえに、とにかく目立ちたがり屋で人からあいつはすごいやつだって認められたい人間でした。

 

小学生から大学3年生までずっとサッカー一筋でした。

ポディションはキーパーです。

 

小学校の頃は、小さいチームで活躍も沢山できていたので、本当にサッカーが楽しかったです。

『お前はチームに必要だ』と認められたのがわかっていたからですね。

 

ですが、中学校に入ると部活ではなく、全国大会に出場経験のある強いサッカークラブに入りました。

なんとなくクラブの監督に

『うちのチームに入らないか?』と言われ入りましたが、練習はハードだし、試合中の1軍の人たちはすごく怖かったのを覚えています。

 

その時はすごく頑張っていたので、たまに1軍の試合に出させてもらう機会がありました。が、本音をいうと1軍と一緒に試合に出たく無かったし、試合すらやりたく無かったですw(なんでサッカーやってたんだろう・・・)。

別に僕じゃなくても他にもうまい人がいたからです。

 

 

埼玉県でベスト16くらいの高校に入りました。ですが、キーパーでは致命的な身長が低い(160cm)ことを理由に大事な試合に出る機会がほとんどなかったです。(言い訳言ってすいません。)

チームメイトからはまぁまぁ認められていましたが、監督には全く認められませんでした。

だからだんだんやる気もなくなり、3年生では超ハードな合宿も上手く手を抜いて、筋肉痛にならなかったのを覚えています(ゴメンナサイ)。

 

完全に挫折した僕でしたが、大学に入り急にサッカーがまたやりたくなりました。

ですが、キーパーは飽きたのでFWにポディションを変更しました。あまり出場機会は無かったですが、公式戦で1点決められたことは今でも覚えています。

ここではストイックになろう思わず楽しんでやっていましたが、燃焼したかと言われれば不完全燃焼でした。

 

そこで、改めて自分の人生を振り返り、

これが自分なのかな?もっと、自分にあった楽しいことがしたい!そして、あわよくば認められたい…

と思い、大学のサッカー部を辞めました。

 

そんなダテカイがサッカーW杯2018の日本戦の見所だったところを初心者にもわかりやすく解説しました。

 

今の自分を変えようと思ったきっかけがホリエモンの『本音で生きる』という本を読んだ

f:id:hinata0918:20180623170838j:image

大学3年生のときに

『これが自分の人生?残りの大学生活1年間を損したくない!』

とおもい、サッカー部を辞めました。

 

そこで、普段素通りしていた本屋さんで立ち止まり、ホリエモンの書いた『本音で生きる 1秒も後悔しない生きかた』を読みました。

そこには、

 プライドはなくなったほうが、みんなに愛される。確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。

 逆に「すごい自分でいなければいけない」とか「相手に嫌われたらどうしよう」と思って、プライドが高くなると、結論として、相手が自分の側に来づらくなる。そう思わないだろうか?

 

と書いてありました。

 

僕は昔から凄く人の目を気にしている性格で、

『何か面白いことがしなきゃ!』『これやったら嫌われる!』っと常に思っていました。つまりみんなから認められたかったのです。

 

そこで”本音を生きる”を読んで、

 

人目を気にして嫌われることが怖くて、何か行動できないのは可愛い自分を守りたい証拠。つまり自意識過剰であり、プライドが高い証拠なのか。

 

と、考えを持ち始めました。

 

 

大学1年生の時から僕はなんとなく将来、”起業して個人で生きていきたい”と考えていたので、これから個人で生きられるようになるという目標に向かって本格的に動くいいチャンスであると思いました。

 

そこでまずは個人で稼げる力を身につけようと思い、簡単に始められる”ブログ”を始めることにしました。

 

SNSに始めてブログを公開した日

f:id:hinata0918:20180623170926j:image

 

ブログを書いて、ただ記事を公開するだけではブログって見られないものなのです。もちろん検索して見てもらう方法がありますが、初心者だったのでそんなことも考えられませんでした。

 

どうやって見てもらおうかと考えたときにツイッターで公開する考えに辿りつきました。当時、僕のツイッターのフォロワーは300人くらいいて、友達がほとんどだったので公開するのに凄く緊張したのを今でも覚えています。

 

感覚的には”好きな子に告白する”くらいw。

でもよくよく考えたら、誰かに振られる訳でも無いんだし公開した方が得だよね?

 

という考えになり公開しました。

 

公開いてみると、僕に直接ブログに触れて来る人はほとんどいなかったし、悪口を言ってくる人は一人もいませんでした(陰では言われているのかもしれないけどw)。 

 

結局、人は意外と自分のことを見ていないんです。その人のことだけをずっと考えられるなんて人はいないし、時が経てば人のことなんて忘れてしまいます。

 

でも、ここで何か言われてやめるのであれば、”結局その程度のものだった”ってことだと思っていたので、人から何か悪口を言われても僕はおそらくブログを続けていましたね。

 

ブログを公開して続けると段々と自分のことが好きな人に認められるようにフォーカスすればいいのか。』という考えになりました。

 

人の評価を気にしない考え方を僕は意識しましたが、どうしても意識してしまいます。なので、

”自分の本能に従う・ムリをしない”

 という、考え方にシフトしました。

そこでまた考え方が変わったら、それでいいじゃないですか。

 

ダテカイの世界が広げてくれたHIUという月額1万円のコミュニティ

僕は次にホリエモンの『99%の会社はいらない 』という本を読みました。

そこには”堀江貴文イノベーション大学校(HIU) ”通称HIUというオンラインサロンについて詳しく書いてありました。

月額1万円とものすごく高くて、誰がいるかも分からなく、周りの友達にも聞けないので入会までに2ヶ月もかかってしまいました。

1ヶ月間入ってみて、つまらなかったら辞めようと決心して2017 年3月に入会しました。

 

 

入ってよかった〜!

  

★HIUの概要★

堀江貴文による会員制オンラインサロンです。メインのFacebookグループに加え、約30個の分科会グループで構成され、その中でメンバーは自身のやりたい事をカタチにしていきます。ビジネスも遊びも、とにかく全力で望むやる気のある人たちが集い、交流し、新しい価値を生み出していく場です。

 

イナズマのように衝撃が走った人たち

大学3年生の3月にHIUに入会して初めてイベントに参加したときのことを今でも覚えています。そこには今でも忘れられない、様々な人たちがいました。

 

  • いくつかの自分の趣味を組み合わせて、自分の価値を高めて本当に”趣味を仕事にしている人”
  • サラリーマン時代に毎晩お酒を飲み歩き、ついに独立して日本酒の会社を設立した”唎酒師”
  • ”ブログとユーチューブ”で暮らしている人
  • 自分の誕生日会に総勢40人集めちゃう”スーパー会社員”(今度会社辞めるそうですw)
  • 海外から来た観光客を喜ばせたいと思い、忍者の格好をして写真を撮る”忍者フォトグラファー”
  • クラウドファンディングで400万集めてバーを立てちゃうカリスマ的な”コミュニケーション能力持っている人”

 

もちろん僕と同じ、これからの生き方について悩んでいる人も沢山いました。

 

僕はこんなに楽しい世界があると知り、イベントの帰りに一人でニヤニヤしていました(まじで気持ち悪かったと思いますw)。

 

そこから怒涛のダテカイラッシュが始まりました。

 

初めてHIUでイベントを開催して1万を稼ぐ

f:id:hinata0918:20180623171522j:image

HIUに入り、『趣味を仕事にするためのイベント』というその名の通りのイベントだったり『会社やめようナイト』という今の自分の会社に価値はあるかを話し合う(当時大学4年生w)などの沢山のイベントに参加して来ました。

ただそこで強く思ったことが一つあります。それは、

 

結局、資本主義はどこも同じ。

 

HIU月1万円払っているけどイベントに参加するたびに主催する方の労力や場所代がかかっているので、参加する側はイベント参加費を払います。

結局、僕みたいに世の中に何も生み出していなかった人は、残酷な言い方ですがお金を消費する側のままなのです。

 

じゃあまずは稼げなくてもいいから、何か自分で価値を生み出すためにイベントをしようと考えました。

 

そこで開いたのが”普通の人ナイト”というイベントです。

当時は

『HIUには普通の人なんていないでしょう』と言われましたが、”普通の人・ダテカイ目線”だと、自分が普通の人だと思っている人は結構いると思いました。

 

普通の人って、自分よりすごい人(まぁ色々定義はありますが・・・)と話すのは、結構緊張するんですよ。

「こいつ面白く無いやつだな・・・」

「こいつ浅い人間やな・・・」とか思われるのが、嫌で自分のことを話せずに終わってしまうのです。

 

そして、自分にはこの世界(HIU)はやっぱりハードルが高かったから辞めちゃう人がいたんですね。

でもこんなに面白い世界を知らないでは辞めてしまうのは勿体無いと思い、普通の人たちだけ集めてアウトプットできるキッカケを作ろうと思い始めたのが”普通の人ナイト”なのです。

 

そしたら、意外と人が集まり、その日イベントを儲かったのが1万5千円でした。

こんなに楽しいイベントだったのにお金なんてこんなにもらっていいのかな?

 

と正直後ろめたい気持ちにはなりましたねw 

でもこれが好きなことだお金を稼ぐことなんだ”って学べました。

 

HIUに入ってからアルバイトも減らしてお金に困っていましたが、HIUの月額1万円をHIUで稼げば実質ただじゃね?

と思い、そこから7回くらいイベントを開いてHIUの月額分のお金を払っていました。

 

資本主義の仕組みを少しでも勉強できたのは今の自分の強みとなっています。

 

★関連記事★

<HIUに入ろうか悩んでいる人必見>普通の大学生がHIUに入ってから1年経って分かったメリット

 

ヒッチハイクは資金0円で簡単に始められて1歩踏み出すのに手っ取り早い

f:id:hinata0918:20180623171832j:image

資本金0円で簡単に始められて、1歩踏み出すのに手っ取り早いのが”ヒッチハイク”です。

僕は過去にヒッチハイクで

  • アポなしでラジオ局に行って、ラジオに出させてもらった
  • お祭りのためだけに埼玉県から1日かけて香川県にいく(初めての野宿w)
  • キングコング西野氏の出版記念パーティに名古屋まで行き、その日の寝床を探していたらホテルをおごってもらった
  • 埼玉から福岡県に9日間かけて、人からお金をもらって生活しながら旅をする

という経験をしました。

 

ヒッチハイクのいいところは、

  • 選択肢がシンプルである
  • 計画⇨実行⇨評価⇨改善が高速でできる
  • 車がなかなか捕まらない時のどうしようもない感がたまらない(Mなのかな?)

です。

 

ヒッチハイクをスタートしてしまったら、戻るにも戻れない状況になるのでやるしかない状態になるんです。1度飛んでしまったら元に戻れないバンジージャンプと同じ状況です。

 

何か行動したい人には、ヒッチハイクは資金0円でエキサイティングなことだらけで第1歩を踏み出す手っ取り早い方法です。

 

ちなみに過去50回以上車に乗せてもらいましたが、危険なことになったことはありません(が、自己責任でお願いしますw) 。

 

★関連記事★

超簡単!ヒッチハイク50回以上の経験者が教える、初心者でもヒッチハイクで東京〜大阪まで簡単にいく方法!

 

ただの普通の大学生がクラウドファンデイングを公開後、3時間半で目標金額に達成した話

f:id:hinata0918:20180623171954j:image

2017年大学4年生の夏に、僕はキングコング西野氏のクラウドファンディングのリターンにあった、革命のファンファーレの出版記念パーティに参加できる権利を2万円で得ました。

二万円で西野さんの出版記念パーティーに参加する権利を得ました。 - 20代の損をしない生き方

 

参加した理由は、

『2万円という大金のかかる出版記念パーティに参加しちゃう人って超絶面白い人しかいないじゃん』と思ったからです。

 

ですが、やっぱり2万円はアルバイトもサボり気味な僕にとってとても痛かったので何か回収する方法はないかと考えました。

 

そこで、西野氏のクラウドファンディングのリターンをもう一度見てみると、

”出版記念パーティに参加できる権利”ともう一つ”革命のファンファーレが7冊がもらえる”というリターンがついているのに気がつきました。

 

その時に

僕がクラウドファンディングをやって、そのリターンに本を付けちゃえばいいんだ!

 と考えました。 (このあと本人から直接話を聞いたのですが、実はこの方法を狙っていたらしいwおそるべし・・・。)

 

本だけだと買ってくれないと思ったので、

革命のファンファーレ+自分の武器

 を3000円(クラファンリターンの最低金額)で出しちゃえばいいと。

 

そうすれば

3000円×7=21000円

 

元取れちゃうじゃないか!!!

 

と思い、ドキドキしながらクラファンを立て、決行したら開始3時間半でサクセスしました。

以上なスピードでサクセスしてしまい、逆にリターンが無くなってしまうという事故が発生してしまいました。

 

★クラウドファンディングの簡単なストーリーはこちら↓★

クラウドファンディング成功のご報告 - 20代の損をしない生き方

 

クラウドファンディングの面白いところって、企画者が普通の人でも援助していただけることなんですよね。いや、本当に夢がある。

もちろん若さが武器になったのは重々承知しております。

ですが、ただ闇雲にやったわけではなく、毎晩毎晩興奮しすぎて寝れなくなるほど考え抜いた結果がこうやって成功できた1つの要因だと思っています。

 

2019年、大阪に拠点を移動し、新卒サラリーマンになった

f:id:hinata0918:20180623172041j:image

「就職活動していたの?」ってよく聞かれますが、実はサクッと終わらせていました。

 

★ダテカイ流就職活動↓★

就職活動をするなら無駄を徹底的に省いて自分を磨き、ゲーム化をしてしまおう! - 20代の損をしない生き方

 

冒頭でもお伝えした通り、僕が大阪にいる理由は会社の勤務先が大阪になったからです。

サラリーマンになった理由は、1日ついやすほど好きなことがなかったからです。

 

暇つぶしとまでは言いませんが、ダラダラフリーターで過ごすよりかは会社員になって何か1つでも多く自分の力になればと思ったからです。

 

サラリーマンになってよかったことは金銭的に余裕が持つことができたことです。

金銭的に余裕が持てるようになったので、生活に安定感が出てきてお金に関して不安に思う機会が減りました。

 

あとは、会社のリソース(家賃はほぼかからない・徒歩出勤)で大阪で一人暮らしでき、通勤に時間がかかりません。

さらには、大阪のHIUの会員制のバーにも沢山遊びに行けるようになりました。(相変わらず面白い人ばかりw)

 

ネットを探っていると、会社は悪いことばかり書かれていますが決して悪いことだけではないのです。

 

 

ダテカイが個人で生きるために

僕の今のところの目標は、何不自由ないくらい個人でお金を稼いで生活できることです。

意外と僕は保守的です。その目標が達成した後は何も特に考えていませんが、きっとやりたいことが見つかります。

 

僕の不自由ないという定義は、

  • 時間に縛られない
  • 移動したいときにすぐ移動できる
  • たまには美味しい食事ができる

です。

だから家が欲しいとか車が欲しいとかそんな欲はありません。

だからそんなにお金を稼がなくても良いのです。

 

ですが、僕は特段好きなものがありません。

でも、楽しいという感情は何をやるのにでもあります。

それは作業(遊び)をしていて時間が過ぎるのが早いと感じたです。つまり没頭していたときが一番楽しい時間なのです。

 

今のところ没頭するのに手っ取り早いのがブログです。

なのでこれからも続けていくし、僕が他の事業をやるときに手助けしてくれるのがブログだと確信しています。

だから今、好きなものが特になくてもブログはやったほうが得なのです。

 

このブログで発信すること

f:id:hinata0918:20180623172123j:image

このブログは雑記ブログです。テーマは20代で損しない生き方”です。

物事を損得感情で決めるのは僕自身、あまり良いとは思っていませんが、思ってしまうのは仕方がないです。

だったら、”自分の本能に従え・ムリをしない”精神。変わったら変わったでそれは良いことだと思っているし、考え方を変えようと思って変わらなかったらしょうがないのです。

 

みなさんには

『こういう考えもあるのか・・』

とか

『自分の生活に損している部分があった・・・』

など知ってもらえればと思っています。

若い人には先人の考えを学んでもらって、できる限り自分と同じ損して欲しくないのです。

 

まぁ『失敗から学べ!』といいますが、失敗しないほうがそりゃ良いでしょ・・・。

今更、自転車が欲しいからって自分で自転車を作る人なんていないですよね?

そのためにも情報をしっかり持ちましょう。

 

だから僕自身で損しない生き方を考え、身をもって体験し、損しない生き方を記事にしていきます。

  • 20代を損しないための考え方
  • 健康(主に食事)
  • お金

が中心になります。

みなさんぜひお付き合いくださいね!

 

ダテカイの性格

お疲れ様ですw

最後にダテカイの性格について書いていきます。

 

  • 常に先のことばかり考えている⇨集中力が低い
  • 常に人のことばかり考えている⇨人の評価が気になってしょうがない(これも変えようと思いましたがもうムリをするのはやめましたw)⇨人に認められると力が増す
  • ストイックになりがち⇨常に一番になりたいと考えるため、やる気がなくなると無気力になる
  • 仮説を立てて実行するときに目が輝いている⇨この時は人の話を聞かないのでとんでもない失敗をするときがある
  • 常に考えをまとめようとしている⇨情報処理に時間が掛かっているので人の話を聞いていないときがある
  • 究極のせっかち

 

つまり、マルチタスクは極端に苦手です。あと、一緒に人と仕事する(人にペースを乱される)のも苦手です。

自分で仮説を立てどんどん実行するときが一番好きな瞬間です。

 

 

ダテカイから一言

f:id:hinata0918:20180623172354j:image

(LINEのトップ画像風)

 

僕はこれまで、人に認められることをエサにして生きていました。

ですが、何人に嫌われても自分のことが好きな人(=自分のどこかしらを認めてもらっている人)に喜んでもらえればいいという考え方に変わりました。

 

この考え方になったおかげで素直な自分を表現できるようになりました。

自分に素直になるだけでも目の前の世界は変わります。

これからも自分の目の前の世界を変えていきます。

 

僕から言いたいことは以上です。

 

みなさん、お疲れさまです。最後まで読んでくれた方、心から愛しています!!!!今後ともブログをよろしくお願いします!!

20代を後悔したくない!動く人はそれだけで希少価値が高いので差別化できる!

f:id:hinata0918:20180618205132j:plain

 

 

僕もフォロワー3桁で、フォロワーがこれ以上減らないように最近は少し臆病な投稿をしていました。

ただ、保守的(動かない)になった時点で、自分の成長する伸び率は”ぐーん”っと減ってしまうのです。

だから、保守的にならないように毎日1回はツイートを心がけることにしています。(ダテカイ@ブロガー (@datekai) | Twitter)

 

意思表明するコストは格段に小さくなりました。

SNSの発達により、世界中の不特定多数の人に声が届くようになったからです。

だからあなたの声は小さな声ではなく、大きな声にもなることが可能になりました。

 

ただ意思表明のハードルは下がったのですが、そのあとに動く人は実際少ないのです。

セミナーなんか行ったあと、『明日から動こう!』っと思う人も沢山いますよね。だけど実際に動く人なんていないのです。

セミナーを受けて満足しただけか、その空間にいて行動している気分になりたいだけ。

宣言するだけの人も同じ。宣言している自分に酔っているだけです。

 

だから本当に本当に行動する人は希少価値が高いのです。

 

 

今日(2018/06/18)、大阪で強い地震がありました。

www.asahi.com

僕はたまたま揺れの小さい地域にいたのですが、やっぱり怖かったです。

命の身が危ないと感じたときって本当に恐ろしくドキドキするんです。

 

地震の後

『ここで死んでしまったらあなたは後悔しますか?』と自然と自分に問いかけていました。

すると、

『今のままでは絶対に後悔します。』と断言している自分がいました。

 

それほど、まだまだやりたいことはあるし、まだまだ必死になってやろうと思っていない証拠です。それは人生のまだまだ先が長いと思っている証拠です。

僕は"この20代は絶対に損したく無い"と本当に毎日のように思っています。

 

後悔しないために行動しましょう。その日後悔したら忘れましょう。それは過去だから引きずってもしょうがないのです。

 

それでも動けない人は”動くだけで自分は希少価値が高い”と考えましょう。
動いているだけでなんだか徳をしている気分になりませんか?

 

動く人はそれだけで希少価値が高いので差別化できます!

後悔しないために行動します。

 

★関連記事★

 何をすれば良いかわからない人はまず自分のことをよく知りましょう↓

www.kaikailog.com

 

 今、人生において不安なのは、不安なことを考える暇があるからです。

だったら何か不安なことを考える暇がないくらい何かに没頭しましょう↓

www.kaikailog.com

www.kaikailog.com

 

 

月1万でも稼げるようになってだけでも幸福感は上がる

f:id:hinata0918:20180615222305j:image

 

こんにちは!

再び、ブログにハマりだしたダテカイです!

 

 

 

 

『ブログだけで生活するのは難易度高くて、ブログなんて続けられない』

という人は沢山いると思います。

 

これからは複業の時代であり、みんなが百姓になることができる時代です。

 

ブログで月に20万稼がなくてもよくて、ブログで5万とか稼いで他の仕事から5万ずつ稼げる方が、1つ失敗しても他の仕事があるので、生活に安定感あるし、難易度もそこまで高く無いと思うのです。

 

さらにいうと、無理に5万稼がなくても、1万稼げるようになればお小遣になるし、副収入の1万円って相当嬉しい金額ですよ。

 

ブログでは1万円も稼いだ経験はないですけど、イベントを通して1万円以上稼いだ時は本当に嬉しかったです。

 

投資にだって回せるし、少し贅沢なご飯だって食べれちゃいます。それ以上に自分で稼げるようになったという幸福感が上がり、さらに頑張れるようになるかもしれません。 

 

さらにブログをやっているとこんな効果もあります。

あとは、自分の思考が固まるので人と話すときに、自分の想像以上に思ったことを話せるようになります。

 

お金が稼げるようになる以外にもブログを書くことによるメリットは沢山あります。

 

別に20万稼ごうと思わず、月に1千円、1万円を稼げるようになればいいという感覚でやってはいかがでしょうか。

 

★続けて読む★

 稼げていても生活コストをあげてはいけない理由↓

www.kaikailog.com

 お金について考えさせられる記事です↓ 

www.kaikailog.com

 資産を残さないとずっと歯車のように回り続けなければなりません↓ 

www.kaikailog.com

 

適した環境に飛び込みたいのなら、自分の性格と強みと弱みをとことん理解すること

f:id:hinata0918:20180614182510j:image

 

 

自分の適した環境で自分の強みを生かして、生き生きと暮らしている人に憧れているダテカイにとっては興味深いツイート内容です。

 

中でも、コンテンツ制作力及び発信力なしで、本人に稼ぐ力や発信力がなくても、お金持ってる人たちから衣食住提供してもらえているみすけさんは凄く興味があります。

 

こうやって、行動しまくって自分に適した環境した場所に行き、自分の強みを生かすのって結局自分を知るしかないんですよね。

『自分が何をやりたい人間なのか知りたいのであれば、まず自分知ること』ダテカイ『全力で同意』 - 20代の損をしない生き方

 

るってぃ 氏が言っているように、何か行動を起こす上で1番最初にやったほうがいいことは、自分の性格と強み、弱みをとことん理解することです。

 

自分がなにをしたい人間なのか知るために、まずは自分を知りましょう!

 

自分の知り方が分からない人は、まずはストレングスファインダーを買って、診断テストを受けてみてはいかがでしょうか?

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

そこから多動で動いて、引き算して、一点突破できたら自分に適した環境に飛び込む第1歩ですね!!

 

★続けて読む★

敢えて、今の自分の不安を書き出したら、自分の現状が客観的に分かるようになります↓

人生が不安なのは、不安なことを考える暇があるから。でもどうせ不安なら行動しちゃったほうが良くないですか? - 20代の損をしない生き方

 

結局、自分を変えるのは自分しかいないのです↓

結局自分を変えるキッカケをくれるのは人であること - 20代の損をしない生き方

 

自分に合った環境にいる人は実は物凄くシンプルな考えを持っています。悩んでいる人は物事を自分から複雑にしている人なんです。↓

シンプルな人ほど今を生きている人である。 - 20代の損をしない生き方

『自分が何をやりたい人間なのか知りたいのであれば、まず自分知ること』ダテカイ『全力で同意』

f:id:hinata0918:20180613215306j:image

 

 

とある起業家が言っていたんですけど、

『自分が何をやりたい人間なのか知りたいのであれば、まず自分を知らなきゃダメだよね。』

ダテカイはこの言葉を聞いてから、時間があれば自分と自己対話をするようにしています。

『お前の感情が動くときはどこなのか』

『目の前に集中しなければならないことがあるときに別のこと考えているときがある。そのとき何を考えているんだ』

みたいな感じで無意識の状態から意識するようにしています。

 

ではなぜ自分を知ることが大事なのか。

どうやったら見つかるかを書いていきます。

 

 

自分の特性にあった好きなことで勝負をしよう

好きなことを仕事にしたい人は、 自分をまず知らなきゃ、本当に好きなことなんて見つからないし、見つかったとしてもその中に嫌なこともあったりもします。

そんな人は「こんなはずではなかった」と後悔するかもしれません。でも、それが知れただけ大きな収穫かも知れませんが、それをたえず繰り返すのもあまりいい策とは言いません。途中で心が折れてしまうかも知れませんし・・・。

 

好きなことを仕事にしたいのであれば、無理矢理にでも好きなことをするのではなくて、なぜそれが好きなのかと考えてみたり、不得意の部分を自分の得意な部分に置き換えれるようになると何かヒントが見つかるかもしれません。

 

僕もまだまだ好きなことで仕事にはできたりはしませんが、ブログやイベントを通してお金をいただいたりして、遊んでいたのに価値を生み出せた経験はとてもいまの自分にとって大きな自身に繋がっています。仕事しているのにすごく楽しいのです。

 

自分に自信が無いなら自分を知ることなんてできやしない

あなたがもし、人から嫌なこと言われたりし続けて、ネガティヴなままでいるのであれば、ポジティブな人と一緒にいた方が絶対に自分を好きになれます。

自分を否定されてしまうと、人間は自分を嫌いになってしまったり、自分を嫌な部分しか見えなくなるので、自分のことを知るのをやめてしまいます。

 

そうなる前に、自分をのびのびさせてくれたり、長所を見つけてくれたり、背中を押してくれる環境に飛び出してみましょう!

とにかく、自分を好きになりましょう。怪しい宗教っぽくなってしまいましたが、ネガティヴなままいるより、ポジティブになれる方が人生お得です。

 

自分を知るために

 「自分を知ろう!」と言われても、いきなり知ることができないという方はこちらの診断テストを受けると良いでしょう。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 ちなみに僕の診断テストの結果はこちら

 

ブログを続けられているのも、

  • 「こうなればいいな」と常日頃から思っている、未来志向
  • どうやったら見てくれるかという、戦略性
  • 物事を誰でもわかるようにうまくまとめたいという、着想
  •  人にもっともっと見てもらいたいという、自我
  • あわよくばブロガーで輝ける存在になりたいという、最上昇志向

 

が働いて続けているからなんです。

自分の特性が分かることにより、得意なことが見つかるんですよね。

 

あとは

八木ペー(才能研究家やぎぺー (@yagijimpei) | Twitter)さんは、ぜひフォローしておいた方が良いと思います。

自分の特性がいかに大切なのかを発信されているし、その特性がどのように活かせるかを発信しています。

 

終わりに

結局、自分がなにをしない人間なのか知るためには、自分のことを知らなければならないのです。

そのためには、日々自己対話したり、ストレングスファインダーをやってみたり、やぎぺーさんをフォローしてみたりしてはいかがですか?

 

あなたの視野がきっと広がるはずです。

 

★続けて読む★

自分の特性をプラスに考えるポジティブさが重要なのです↓

www.kaikailog.com

好きなことをしている際、なんで自分はこれが好きなのかという感情を探して見ましょう。他にも好きなことがきっと見つかるはずです ↓

www.kaikailog.com

 あえて、いまの生活の不満の部分を書いてみるのもありです。自ずと、自分がやりたく無いことが見えてきます↓

www.kaikailog.com

 

ゴールデンウィークは五月病という病原菌を作り出す、悪魔の日である。

 

f:id:hinata0918:20180612220208j:plain

 

4月も終われば、皆さんの大好きなゴールデンウィークがありますよね。(今更ですが・・・)

ですが、新学期が始まる4月に沢山の意気込みを持って望んだのに、連休のでせいで生活リズムが崩れ、あの時のやる気がなくなってしまったことはありませんか?

さらに、ゴールデンウィークが終わると連休が7月の中旬までありません。サラリーマンや学生はゴールデンウィークと引換に、連休のない魔の2ヶ月間と契約をしなけばならなく、苦痛に思った方も少なからずいることでしょう。

 

ここではっきり言いましょう!

ゴールデンウィークは五月病という病原菌を作り出す、悪魔の日です。

 

 

ゴールデンウィークの目的と由来

ゴールデンウィークをディスる前に、まず目的と由来について書いていきます。

 

ゴールデンウィークの目的

ゴールデンウィークの目的は主にこの2つだと考えられます。それは、

  • 経済を動かすため
  • 日本人は中々休めないため

です。

 

学生やサラリーマンは長い休みを取れないので思い切ってお金を使える機会が中々ありません。平日を無理にでも休みにして長期連休に旅行などをしてもらい、経済を動かそうとしているのがゴールデンウィークです。

 

日本はなぜ、土日が休みの多い企業が多いと思いますか?

➡︎それは日本人は働きすぎてしますからです。

有給という制度がありながら、どうせ有給をとっても仕事が溜まってしまい、次の日に大変になるのは目に見えていて、自分に返ってくるので、休むより働く方を選択します。無理やりにでも大型連休にして、みんな同時に休まないと日本人は休めないんです。

 

ゴールデンウイークの由来

ゴールデンウイークの由来ってなんだと思いますか?

➡︎年間で一番長い連休だからゴールデンウイークだと思っていませんか?

ダテカイもそうだと思っていたのですが、

五月の連休中に公開した映画が、お正月やお盆休みよりもヒットしたからなのです。そしてもっと映画館にお客さんを呼び込もうとした時の宣伝文句がなんと”ゴールデンウイーク”という言葉だったわけなのです。

 

結局、ゴールデンウイークもバレンタインと同じ、企業の戦略だったわけなんです。

 

ゴールデンウィークは五月病になる病原菌を作り出す、悪魔の日

 ゴールデンウイークの目的や由来は理解いただけたことでしょう。

ですが、ダテカイは思うのです。ゴールデンウィークは五月病になる病原菌を作り出す、悪魔の日だと。

 

僕は決まって、ゴールデンウイークが過ぎると、五月病と言う病にかかります。何をやるにもやる気が出なくなるのです。

 

大抵の学校や会社は4月から新学期が始まります。誰もが

『今年はクラス(会社内)でトップの成績とるぞ!』とか、

『毎朝ランニングしよう!』とか張り切るはずです。

 

そしてクラス替えや異動など、慣れない生活をしながらもやっと1ヶ月経って、慣れ的たころに本領はっきしようと思った途端にゴールデンウイークが訪れるわけです。

ゴールデンウィークに入り、今日くらいはサボってもいいかと思いサボっているとだらだら生活していると、4月の頃のあの意気込みがゴールデンウィーク後にはなくなってしまうのです。

 

経済が潤うどころか、長い休みのせいでやる気がなくなってしまい、逆に生産性がなくなってしまうのです。これって本末転倒なのではないのでしょうか?

 

 

終わりに

ゴールデンウィークがなぜ悪魔の日かと言うと、

新学期が始まる4月に新しい意気込みを持って望んだのに、連休のでせいで生活リズムが崩れ、あの時のやる気がなくなってします。

さらに、ゴールデンウィークが終わると連休が7月の中旬までありません。サラリーマンや学生はゴールデンウィークと引換に、連休のない魔の2ヶ月と契約をしなければならなくなり、余計に気力がなくなってしますからです。

 

やる気がなくなってしまい、何もかも無気力になるのが5月病なんです。

なので、ゴールデンウィークを5月の後半に持ってくるか、思い切って10月などの涼しい時期にしてみてもいいのではないかと思いました。

 

 

 ★参考★

めちゃくちゃ参考になりました↓

ゴールデンウィークってなぜあるの?本来の目的とは何? | はてなスッキリ

 

 ★合わせて読む★

ベーシックインカムができれば、ゴールデンウィークとかどうでも良くなるかも↓ 

www.kaikailog.com

 ゴールデンウィークで五月病になるのは働き続けないといけない仕組みになっているのも一つですね↓

www.kaikailog.com

 ゴールデンウィークに大阪から福岡までヒッチハイクで行った、暇な会社員ことダテカイです↓

www.kaikailog.com

 

 

スポンサーリンク